趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

携帯落としたああ〜!(泣)

土曜日、群馬県赤城の植林地に『下草刈り』に行きました。
大雨ですが、現地に着く頃は小雨になりカッパを着る。
携帯はどうしようか悩んだが、胸ポケットなら大丈夫だろう。
ところが、一箇所目を終え、次の植林場所へ移動する時だった。
   「あれっ!携帯が無い!」
大騒ぎも出来ず、今作業した場所を戻りながら探す。
しかし、草刈りの後はどこもかしこも草の山だ。
   「 ・・・ ・・・ こんな広い所では探しようが無い!」
と諦めかけた時・・・
   「誰かあ〜携帯落としませんでしたかあ〜?」
   「はあ〜い! 私で〜っす!」
ラッキーな事に、後ろから作業を撮影していたスタッフが拾った。

次の草刈場へ移動しながら、友人が教えてくれる。
   「こんな時は、誰かに電話を掛けて貰うんだよ!」
   「どこに有っても“音”がするので、すぐ分かる!」
なるほど、遠慮をしないで早く話すんだった!

赤城の山には松が多い。
しかし10年ほど前の『松枯れ』で、ほぼ全滅した。
その枯れ木が倒れて危ないので、全部伐採しなければならない。
この4〜5年で伐採は終わったが、跡地はハゲ山だ。
そこに植林をし、広葉樹を植えているがなかなか根付かない。
一般的な活着率は50%と低いので、毎年植える。

この時期は若芽より、草の方が元気が良い。
植樹した若芽が4〜50センチなのに、草の丈は1m以上だ。
鎌で切るが、間違って若芽を切る事も多い。
それでも植え続けなければ、元の森にはならないのだろう。

写真:若い芽(目印に笹竹を差してある。)

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。