趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

共産主義思想の終焉・・・・

裁判官にもサヨク思想に染まったものもいればさまざまだが、今回の決定は、日本国家の中でしている生活している人民であるなら当たり前のことで、裁判官が言うように「他国の国旗・国歌に対して敬意を持って接するという国際常識を身につけるためにもまず自分の国旗・国歌に対する敬意必要」というように、日本人なら自らの国家に忠誠を誓い、この国に誇りを持ち道義的な国家として世界の国々と友好的に交流していくには日本人民族としての自覚が確立していなければ世界の国々は理屈だけで相手にしないであろう。

そもそも、国旗・国歌に反対する行為は占領思想の中、教育のなかでサヨク的思想団体日教組によって組織され、こともたちに「思想信条の自由」という、的はずれの論理の中で展開されてきたもので、政治闘争の一面を持っていることを忘れてはならない。

国旗・国歌の起立や斉唱が個人の思想、信条を制約するのか、われら凡人には理解できない。教育という現場において将来を担う子供たちに国家の立場を教えるのは当然のことであり、自分の意に沿わないからと拒否することで、理屈をつけているにすぎない。

自分の意に添わなければ教師も、そして極端に言えば日本人を辞めればいいことである。彼らにしてみれば口実であり、最終的な目的は日本解体と権力の奪取であることを見極めなければならない。私は少なくともこのような連中が支配する国家には生存しないし、このような勢力の存在そのものの撲滅こそ、日本国家を救うものと思っている。

だが、国旗・国歌に対して起立しなかった学校教育の現場で国旗・国歌に起立する光景が見られるようになってきたという。なぜか、サヨク闘争で活動してきた教師たちが定年で退職していることが要因であるという。

このような裁判(他にも十数件ある)を契機に当たり前な状況を取り戻すことが必要であり、学校の現場でも反国家的言動を許さない国民の監視の目がなければなりません。いずれにしろ、日本は自由と民主主義を前提として、日の丸と君が代の歴史ある日本の文化を基に未来を見つめることだ。


すべての拉致被害者を救出すぞ「国民大行進」

6月5日 (日) 午後2時〜4時
  場所  芝公園23号地から出発
      都営地下鉄三田線 「御成門」A1出口徒歩7分

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。