趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

わたしは政治よりこの趣味人倶楽部が

だんだんと我々カスタマーに
使用し辛くなってくるほうが心配である。
今日ニュースから日記を書こうとしたら
もう日記に書くという項目が消えています。
何の連絡もありません。私だけではないと思いますが。
ただ6月15日を持ってものニュース欄を中止しますだって。
まあ仕方がありませんね。
サイト内ではサイトのルールが総てですから。
嫌なら退会すればいいのですから。

菅首相と鳩山元首相の会談で。
一定の目途が付いたら自分は身を引く。
これを鳩山前首相は二次補正予算案に
提出の目途が付いたらと解釈をし、
菅首相は原発事故の収束を考えていたという
決定的な違いが浮き彫りにされた。

密室の会議ですからどっちが正しく、
どっちが間違っているなんて我々が全く知る由もありません。
確かに議員総会でもはっきりと一定の目途が付いたら
後進に道を譲るって明言をしました。
菅首相が身を引く発言によって内閣不信任案に
賛成の民主党右派議員のほとんどは欠席か、
否決への投票の道を選んだのです。

まあ私は2週間も知れば菅首相の舌先三寸男の本性が現れて、
鳩山前首相とそんな約束したっけ、
議員総会で後輩に道を譲るといったが、時期を明示しなかったし、
原発事故が収まった時点で
結局は任期一杯首相の椅子にしがみつく覚悟でしょう。

鳩山元首相のお坊ちゃまを手玉に取るなんて朝飯前で、
公開テレビ中継があっても抽象的な言葉でその場を凌いで、
2週間もすればけろっと忘れて、
無責任でその場凌ぎの発言に終始する。
とんでもない詐欺師です。

小沢元代表のころっと手の平で遊ばれたのですね。
さてこの汚名をどうして晴らすのか。
鳩山前首相も良い面の皮で本当にこの男も歴代のピエロ役か。

さてここからの動向ですが、
民主党の執行部は反逆者に対してお構いなしだって。
あれだけ処分すると強硬な態度でものを言っていた連中が
目的を果たしたら態度を一変です。
こんな政府です。

さて小沢元代表と鳩山前首相はこれからどうしようというのでしょう。
これだけ沽券に傷をつけられたら、
男として最後の覚悟を決めたほうがいいでしょうね。
男松木議員を救出すべきでしょう。

菅首相はこれで政治生命を絶つどころか益々意気軒昂でしょう。
得意満面でしょう。
さて民主党議員はどうですかも問題でしょう。
信を失ったトップに共にするのは
自分にとって利益のある連中の一握りでしょう。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。