趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

焼酎について。

焼酎の文化は南九州で、概ね鹿児島と宮崎が主たる生産地であり消費地です。

熊本・大分もありますが、焼酎蔵の多さは上の二県が群を抜いています。

大分の麦焼酎「下町のナポレオン」こと「いいちこ」が口当たりの良さから全国に焼酎ブームを巻き起こしました。

恐らく、バブル崩壊以降、所得が伸びない中で、安いお酒を求めた結果が焼酎ブームを巻き起こしたのではないかと思います。

それは兎も角、焼酎は、やはり「芋」でなければと宮崎・鹿児島の人間は思っています。
そう、他の穀物で作った焼酎は邪道だと思っているのです。

宮崎・鹿児島以外の人は、「芋」の焼酎は、臭くていやだというのが一般的で、なかなか全国区になれなかったわけですが、本当に焼酎が好きになったら、飲んだ後の口に残る何とも言えない自然な甘みが堪らないのです。
それは、水割りやロックでは余り感じられず、生(き)で飲むかお湯割りで飲むと、それが感じられるのです。

また、焼酎には甲類と乙類があって、乙類が「本格焼酎」と言われています。

甲類はホワイトリカーみたいな焼酎で、アルコール純度が高く不純物が少なくなっています。
だから、臭うとアルコール臭くて、南九州の人間には飲むことが出来ません。(ただ、梅酒などには使います。)

本格焼酎乙類の味わいは、その含まれる「不純物」や酵母菌などによって、また発酵の度合いなどによって、様々な味わいに変わっていきます。(甲類の焼酎には、それがありません。そう、アルコール度数の違いだけです。)

お酒で言うと、大吟醸が甲類で、純米酒が乙類という感じがします。
私は、日本酒も好きですが、大吟醸はどうでも良いと思っています。
それよりも、個性の違いがハッキリし、主張が明確な「純米酒」が美味しいと思います。 勿論、和食に合うのも純米酒です。

安いお酒「本醸造」にも、高いお酒「大吟醸」のどちらにも「醸造アルコール」が含まれていることを余り知られていません。 しかし、純米酒には、「米麹」しか使われていないので、身体のためにもいいのです。

熱燗で飲む場合は、安い「本醸造」のお酒しか使えません。

純米酒は、ぬる燗か常温か冷やして飲みます。 大吟醸は常温か冷やして飲みます。(大吟醸には燗はつけません。)

しかし、和食に「純米酒」これが最高でしょう。!!!


話が逸れましたが、焼酎はやっぱり「本格芋焼酎」ですね。!

「純米酒」と「本格芋焼酎」! これはもう、、双璧です。〜


さあ、今から飲もうっと。。。 純米酒を少し飲んで、芋焼酎にいくか・・・ うれし〜〜 ^0^


写真は、左が絶滅危惧種になりつつある「ササユリ」と真ん中に「かんぞう茸」・・きのこです。 そして右は、そのさしみです。 キノコ類で唯一生で食べられるキノコです。 でも美味しい。〜〜  色んなキノコ食べたけど、これは初めて、感動したね。〜〜!!! 三つ星だ。!

これだけは、かか殿のお陰だ。^0^

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。