趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

またまた、夢見る夢子さん

昨年の日記の「新エネルギ−」で、夥しい
雑草をエネルギ−にできないものだろうかと
書いた。
エコが叫ばれていて、毎日の草取りに辟易
していたから、そんな事を思ったのだ。

しかし、震災を経て今年思うことは自ずと
違ってきている。
遅々として進まない復興作業。
まだ瓦礫の山だそうである。
そこに「原発」問題が重なって、この夏の電力
事情の心配は計り知れない。

ここから「夢見る夢子さん」の登場である。
その「電力」を自給自足できれば・・・。
それには「蓄電」が不可欠である。

太陽光でお天気の良い日、昼間に得た電力を
雨の日や夜間のために蓄電しておく。
贅沢な電力は使えなくても、必要最小限の
電力は賄えるのではないだろうか?
大切に大切に電気を使うと思う。

2001年に私はある本を購入した。
これからは、そういう時代になると思ったからである。
そのくせ、バタバタと駆けずり回って、自分をより忙しく
して目を通さずに本棚に飾っておいた。

    広瀬 隆著

     「燃料電池が 世界を変える
       エネルギ−革命最前線
        原発と送電線がなくなる」

なんと10年前にこんな本が出版されていたのである。
かなり分厚い本だが、今日から読んでみるつもりである。

自分なりに勉強してみよう。
幼稚園生のような喧嘩をしている総理大臣と前総理大臣。
唖然として開いた口が塞がらない。
自分でどうにかしなきゃと「夢見る夢子さん」は、又しても
夢みたいな事を思ってしまったのである。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。