趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

健康寿命

4月142キロ
5月104キロ

3月の中旬に網膜剥離の手術を終えてから、しばらく走れなかったが
徐々に元の生活のリズムが戻ってきている。

4月から内勤になったのも追い風だ。
6月は目標を200キロにしてチャレンジしようと思っている。

日本は世界の中でも一番の長寿国だ。
65歳以上の高齢者の比率もきわめて高い。

男性は平均寿命が80歳近くになってきた。
私が死ぬ頃にはもっと伸びているかもしれない。


最近テレビ・新聞・ネットの広告で健康に関する広告が目立つ。
高齢者が多くなってきているので需要と供給の関係でどうしても
露出が多くなるんだなと納得してしまう。

長生き出来るのなら、健康でいつまでも若々しくいたいと思うのが自然だ。
私もアンチエイジングとハンドルネームをつけているので人よりも
思いは強い。


公益財団法人長寿科学振興財団のHPに健康寿命という言葉が出てきた。

健康寿命(平均自立期間)=平均寿命−非自立期間(健康を損ない自立して生活できない期間)

上記の方程式が表しているように、生涯のうちで病気や障害がなく過ごすことができた期間の事を
意味しているようだ。

健康寿命を伸ばすことがこれからの幸せにつながる。

いつまでも体を動かせるのには足腰が一番大切だと思って走っている。

まずは歩くことから初めて、5年経過した。連続で500メートルも走れなかったのが
フルマラソンを走れるようになった。

人間は体も頭も使わなければどんどん衰えていくそうだ。これは実感している。

今からでも遅くない。高齢化社会を楽しく健康に過ごしたいものである。

いままでいろんなアンチエイジングについて調べてきたが

共通するキーワードがあるように思う。

適度な運動を継続すること。
バランスの良い食事を取ること。
人との交流を欠かさないこと。

上記の3項目を実践すれば少なくとも健康寿命を伸ばせると確信している。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。