趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

<鉢置き台を工夫する>

先日、種を蒔いた朝顔が順調に芽を出して来ている。
今年は朝顔のグリーンカーテンを作ろうと考えて居るのだ。
しかし都会のうさぎ小屋では、下の写真の様な有様なのだ。

此の窓に斜めから西日が射すのだ。
此処に昨年はメダカと金魚の水槽も無かったので、ゴーヤを植えて結構西日を遮ったので、今年は朝顔でグリーンカーテンを作ろうと計画して、朝顔の芽が出て来た所で、鉢の置き場所が無い事に気が付く。

そこで知恵を絞った。
前が駄目なら・・・・・・後ろは?

僅かな空間が在る!
工夫一つで何とか鉢は置けないだろうか?
瀕すれば救する? チョイト違う字の様な気もするが・・・・・

素人考えだがT字型の木型を3本造り、紐で結わえて固定すると言う素人仕事の真髄だ! 此の手摺しか空間が存在しないのだ。
ギリギリの所を雨戸がしまると言う按配だ。

幅13センチ位の板を載せて、朝顔の鉢置き台の完成だ!
小さい鉢なら5〜6鉢は置けるだろう。

工作時間15分と言う此の素人仕事と考えで、見事グリーンカーテンの完成は実現するのだろうか?
手摺の下から、水槽で泳ぐメダカと金魚が観賞で出来ると言うオマケ付きなのだが、アイデァ倒れなのだろうか?

後は蔓の出た朝顔の鉢を置くだけだなのだが・・・・・・・・

カテゴリ:アート・文化

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。