趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

★ 今日6/8のNHK【ためしてがってん】も良かったですね。#272

ダイエットの決定版でした。良く噛んで食べると脳内でヒスタミン[histamine]という化学物質が分泌され、食欲中枢が満腹感を醸し出して食欲が抑えられるということになるとのことです。

一口30回噛んだ時に飲み込める量を口に入れて食べる様にすると摂食中枢に効いて満腹感が得られると言っておりました。

 このヒスタミンを含むものはヒスチジン (histidine)という はアミノ酸の一種を含むもので、食品としては マグロ、イワシ、サンマ、アジ、サバ、カツオ. などの青魚(赤身の魚). と カジキ、シイラなどの魚. 等がヒスタミンを産生するようです。 
番組では鰹の出汁を利用した吸い物・煮物・和え物等の料理が紹介されていました。 

 動物は満腹感があればそれ以上食べませんが、人間は満腹感や食べてはイケないという意志に反して、甘味・出汁の味・油の香りや味の誘惑に負け、さらにストレスや睡眠不足という心理的要素が食欲で置き換え充足しようという作用があり適量を超えた食物の摂取となるようです。

良く噛んでたべることと、前回ご紹介した「糖化は老化だ」
http://smcb.jp/_ps01?post_id=3179174&oid=307756&tr=pr_8
【糖化】を防ぐため最初に”ご飯”等の炭水化物を食べるのでなく、
野菜やサラダ等を先に食べる等の注意も必要です。


今日の立ち読みで健康に関する本を2冊拾い読みしました。 身体を暖かめろ!の石原結實さんの「満腹革命」というのを読ませてもらいました。 
食べ過ぎは駄目で小食・ミニ断食が良いという話で、その中で特にお塩とコレステロールが少ない方が良いとすることに対する反論がありました。 【塩】については私は結石や高血圧から減塩を薦められていましたが、納得できずある程度摂取していましたので我が意を得たりでありました。

もう一冊 署名・著者は忘れましたが、健康にリンパの働きが重要だとするものでしたが、その中で寿命が短い職業というのがありました。 その上位3位は”スパイ”でした。 スパイは私が覚えるために考えたものでした。 
即ち1位 相撲取り 2位 パイロット(国際線)  3位 医者 ということでした。

相撲取は、その食生活が原因で、勝つために体重を無理に増やすめの食が短命に国際線のパイロットと医者は、時間制約のストレスが原因だということです。

健康で長生きするには、なんといっても「食」が一番大事で 適量を少なく食べることで、美食や食べ過ぎは成人病になり短命になることに繋がることです。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。