趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

さては、浮気がばれたか、それとも ○○ か。?!

5月1ヶ月間の、過去10年の最高打率は4割が2回、平均打率も3割5分強。

ところが今年は、なんと2割1分と極端に悪い。そして、6月に入っても変化に兆し無し。

打撃の内容を分析したものがある。

(1)三振が半分に減っているが、その分ゴロが増えている。

(2)内安打の量は例年と殆ど変わっていない。

(3)ボール球に手を出す確率が33%で高いが、過去10年   の中にも30%超えが3回有る。

(4)ピッチャーの攻め方が変わった。
   (弱点の内角を攻められ、外角で討ち取られる)
   しかし、そうした分析は有ったので目新しくない。

(5)今期は、審判のストライクゾーンが微妙にずれている。
   (そのくらいの変化は、1週間もあれば対応可能)
 
他にも、細かい分析が幾つかあるが、コーチにも検討がつかないというのだ。

これは、あの天才バッター【イチロー】のことである。

イチローの打撃スタイルは、独特のものがあるので、コーチにも修正場所が分からず、彼自身にしか分からないのだ。

しかし、おかしい。。。 本当におかしいのだ。

いくら天才でも、38歳という年齢を考えると体力を始め様々な衰えが出てくることは否めない。
でも、あのイチローにして、これほど急激に打率が落ちるのは誰が考えても信じられないのだ。

これは、おかしい。。。 技術的なことではない。! 

もしかすると、あのイチローが浮気をしてばれてしまったのではないかな。 タイガー・ウッズのように、家庭の中では、奥さんに責められ・詰られ、身の置き所がないのではないか。?

と、そんな憶測をしてしまった。!^0^

そうでないとすれば、確率の高い理由がもう一つ考えられる。

つまり、目の衰えである。 実は僕も38歳の時の健康診断で、「あなたは老眼です」と言われたのだ。 そんなバカなと、その時はせせら笑っていたが、40歳になったら老眼鏡が無ければ仕事にならなくなったのだ。

視力のいい人は、昔から早く老眼になるとは聞いていた。つまり、焦点を合わせる筋肉が早く疲労し、弾力性を失うからなのだ。

あのプロのピッチャーが投げる剛速球を、手元までしっかり見極め、バットを振り抜く技術は、素人には想像を絶するもので、微妙な目の衰えで、球の芯を捉えられなくなるのではないかと思う。

老眼が入る頃には、殆どの人が「乱視」も入ってくる。

乱視は、多分スポーツ選手にとっては老眼より厄介ではないだろうか。!?

この予測が当たっていれば、イチローは今期恐らく200本安打を達成する事が出来ないだろう。

一ファンとして、非常に残念だが、彼も人間なのだ。!

先ずは、視力の検査をして、早く然るべき手を打って欲しいものだ。

そして、願うのは、浮気が原因で選手生命を絶たれないことだ。 これまでの金字塔が錆び付いてしまう。

第2のタイガー・ウッズにだけはなって欲しくないから。!〜

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。