趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

親爺の二人旅・・・欧州編52

本日はLisboa三日目本来は第二の都市Porto攻略の予定だったが、片道3時間半の割には訪問先に迫力無く検討の結果割愛し近郊のPadrao deos Descobrimentos等を見学する事にした。
YHで朝食を戴き鉄道とバスを乗り継ぎ小一時間程西へ、最初に我々の目の前に表れたのは白亜の殿堂!Mostero Jerontros(初代の王宮今は修道院)ポルトガルが大航海時代七つの海を支配した頃の遺産だけあって建造物全体を覆う彫刻の見事な出来映えに暫し圧倒される。
続いて海に向かって正に旅発たんとする往時の航海者達をモニュメントにしたPD・Descobrimentosの威容!(Lisboaのエキスポを記念し建造)
Tower De Belem(海洋税関)も海に浮かぶ出城風でなかなか見応えがあった。
ポルトガルとスペインの違いは共に大航海時代世界を席巻した海の勇者であったろうが、矢張り国力の違いが其の儘都市の景観の差と為って居る様な気がした。
バルセロナ・マドリッドに比しリスボンは余りにも貧弱といえばお叱りを受けるだろうが私の目にはその様にしか見えなかった。
観光を終えて帰途に着く直前又々相棒が事件に遭遇!私の前を歩いていた彼に一人の若い女性が接近!なにやら大きなパンフレットを手に話を始めたと思ったら、相棒が怒気を孕んだ声で一喝!パンフレットの下で女の手が相棒の財布に手を出したらしい?
二人が言い合いになる!4〜5人の女軍団がそれを取り囲む!私が大変とばかりに駆けつけると彼女等は胡散霧消あっという間に消えてしまった。
相棒も事件3回目だから流石に用心していたと見えて女が接近してきたとき既に怪しいと思って警戒していたとの由、学習効果が発揮出来て実害は無かったがそれにしても何故彼ばかりが被害にあうのか?
我々はピサでジプシーの掏りに遇って以降金は二人で分散し小額しか持たないことにしたが3回も事件に遭遇する事で偶然とは思えなくなった。
だから今回も相棒を先に歩かせ私が後から付いて行くという風に用心してたのにである。
我々は憂さ晴らしに昨日食し気に入った名物鰯料理(只の塩焼き)を目指してrestaurantへ、鱈も上手いよ!と言うアドバイスも頭を過ったがそんなに食べ切れない。
一人5匹の鰯とポテトサラダとパンを良く冷えたwineで流し込み空腹を癒す、素朴でなんという事無い料理だが新鮮なのか矢鱈旨い!昼間から酔っ払っい千鳥足でYHへ・・帰りに相棒がまたビールを仕入れて来る。
今夜もビールで果てしない反省会が始まるのだろう・・・

カテゴリ:旅行・お出かけ

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。