趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

脱原発を支持したイタリア国民

1986年のチェルノブイリ原発事故を契機に全廃した原子力発電の再開の是非を問う国民投票で、イタリア国民は脱原発を支持したことが13日報じられました。投票率は成立条件の過半数を上回る約57パーセントで、国内投票分100パーセントのうち、原発反対票は94.53パーセントで、原発推進を模索したベルルスコーニ首相の意図に反すする結果であり、同国の原発建設は将来的にも不可能になるということです。また、この結果は福島原発事故に影響されたことは明白とのこと。

 イタリアでは現在原発はありませんが、欧州ではドイツとスイスがすでに将来的に国内の原発停止を決めています。イタリアが脱原発国となったことで、原発推進国フランス及び他のヨーロッパ諸国の今後の動向に関心が持たれます。

 福島原発事故以降、日本では自然エネルギー利用の関心は高まっているものの、政府は脱原発をまだ宣言していません。世界の地震大国日本は、国民の安心と安全を確保するため、脱原発を宣言し、原発に頼らないエネルギー政策を推進することが要請されます。

 原発全廃にる電力不足を補うため、消費電力節約を厭う人はまず居ないのではないでしょうか。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。