趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

◆基礎代謝の代謝とは? 何なのか。

そもそも代謝とはなになのかを考えてみました、人間は食物を食べ体を作りエネルギーをだして排泄する化学工場のようなものであるが、このような作用を代謝と考 えると分かり易いと思います。

 辞書によると、生体内の化学反応で、体外から取り入れた物質を用いて新たな物質を合成したり、それにともなってエネルギーの出入りを行ったりすること とあります。

 また飲食物の摂取から排出までの中でエネルギーを生むエネルギー代謝と血や肉をつくる物質代謝や新陳代謝、や前述の基礎代謝などがあります。

 代謝の内容として下記の4つがあるとを立ち読みして帰りましたが記憶・表現が正確かは分かりませんがつぎのものです。

  ?組織の再生
  ?エネルギーの創造
  ?排泄の作用
  ?免疫力の再生

 私たちの体のエネルギー消費は、だいたい次のようになっています。

  基礎代謝量   60〜70%
  運動による消費 15〜30%
  食物による産熱 10%
  条件的産熱   10%

 やはり基礎代謝量が圧倒的に大きく、「食物による産熱」というのは、 食べ物を消化吸収するときに消費するエネルギーのことです。食事の後で体が熱くなったりするのは、 このためです。「条件的産熱」は、ストレスが加わって、 体が熱くなったりするときに消費するエネルギーのことです。

 次に、基礎代謝量が高い人、低い人にはどういう違いがあるのかを見て行きますが一般的に、基礎代謝量には次のような傾向があるとされています。

 スポーツをよくする筋肉質の人は高い。
 年齢は若い人の方が高い。
 女性より男性の方が高い。
 皮下脂肪は体内の熱を逃がさないため、皮下脂肪の多い人は低い。

 筋肉が熱をだして、体の冷えによる病気のもとを改善してくれるので筋肉、特に一番多い下半身の筋肉を増やして基礎代謝量をあげることが健康への道なのであります。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。