趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

京都てくてく喋くり食べまくりの旅〜ばーさん編(1)

喪中の人が何故神社を参拝してしてはいけないか・・・・
神道は死を穢れ(けがれ)として扱う為、喪中の間は穢れがあり、それを神社へ持ち運んではならないという理由があるそうだ。

 もう49日もとっくに終えて、ツレはお気楽に外遊の2週間だし、私が
留守をじっとひとり静かにしているわけにはいかない。神社だってお寺だって問題なし!妹は間もなく還暦だから記念すべき旅を思い出に残してあげたい。

 「行ってらっしゃい〜〜」と笑顔でツレとバイバイ出来たのもこの旅が待っていたから。

 ★6月19日(日)★

 父の日だというのに朝早くから妻と義姉を嫌な顔一つせず駅まで
車を出してくれた妹のご主人に感謝。妹が無事に還暦を迎えられるのも優しいご主人のお陰様だ。妹を幸せにしてくれたのもご主人の
我慢の賜物と手を合わせている私。

 11時前には宇治に着き、一番行きたかった抹茶パフェに直行!
店は人であふれ返り、待ち時間45分の間に軽くラーメンで腹ごしら
え。

 そうして憧れのパフェとご対面〜。
♪会いたかった、会いたかった、会いたかったyes! 君に〜〜♪
「幸せだね」
「うん、幸せ。美味しい〜〜」
先ずは旅の目的一つやっつけました。

 それから三室戸寺で紫陽花とご対面、10円玉でちょくちょくお目にかかる平等院とも再会を喜び、源氏物語ミュージアムでひと休み(妹も私も光る君は好きでない、女を泣かす輩は女性の敵だもの)
それから宇治川の周りを歩く歩く。食べたものを燃やさなくっちゃね。

 7時過ぎにはホテルに着いてそれから夕ごはん。
京野菜がたっぷり食べられる気軽なお店を見つけて食べまくり。
「幸せだね」
「うん。幸せだわ〜」
料理の話をしながら盛り上がり、このところの手抜き主婦を互いに反省。「これから、しっかりやろう!」と心に決める。・・・けど・・・今だけかも・・・。

 一日目が無事終了。

 「楽しかったね」
 「うん、楽しかった」
 「まだあと2日あるね」
 「うううんん〜〜楽しみだね」
 
 いい歳をした平成の金さん銀さん(双子ではないけれど良く似た者同士)は夢の中に突入!

http://smcb.jp/_as01?album_id=821832
 いっぱいのせているのでさらっとざっと見て下さい。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。