趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

京都てくてく喋くり食べまくりの旅〜ばーさん編(3)

★京都3日目 最後の日★

 ホテル近くの地下鉄で“太泰天神川”まで、それから嵐電に乗って
嵐山まで。

 「孫が電車が好きなのよ」と電車の写真を一生懸命撮っている妹。
いいばーちゃんだ。孫に恋する?っていい方可笑しいかもしれないけれど私などたったひとりの孫でも恋狂いしているわけで、それが3人もとなるとどんなに大変かと思う。うちの孫までも精一杯愛情を傾けてくれるのも有難い。

 確か寒い頃だったと思うが遠距離恋愛時代、ツレと京都で落ちあって嵐山を歩いたことが思いだされる。今のようにお店もなくて静かで
歩いているのは二人だけだった。きっとお寺にも行ったと思うが良く覚えていない。あの頃の若くてラブラブだった頃が懐かしい。
 「旅行は夫より友達や姉妹に限るわね」などといいあって笑う。

 大覚寺、念仏寺、祇王寺を歩く。野宮神社近くの老松で”橙糖珠”
を買う事もできた。これも旅の目的達成!お昼に食べた“湯葉のあんかけ”美味しかった。ここの板さん手作りの”ちりめん山椒”もお土産
にゲット。http://www.oimatu.co.jp/products/kotoritsu.html

 嵯峨野巡りの道の両側には高く真っすぐに伸びた竹林。晴れて竹の間から日が差して気持ちがいいこといいこと。
 「ほれ、これあげるよ」とおじ―さんが四つ葉のクローバーを私達に差し出した。
 「わぁ〜〜有難うございます。それも二人にそれぞれに〜」
嬉しくて思わず写真を撮らせて頂いた。
 「大事にしますね」とご朱印帳の間に挿んだ。
旅の最後にラッキーなサプライズ。
 「おじーさんいつまでもお元気で!」いい出会いでした。

 清涼寺を周り、最後のお寺は天龍寺。無窓国師の雄大なお庭を
前にうたた寝一時間。

  夕食は京都駅の11階までエレベーターで登り”ハマムラ”で
五目あんかけそばを食べる。商標のハマムラという文字がうまい具合に人の顔になっていて、それが昔そのままだったので妙に懐かしかった。http://hamamura-gr.com/

 「いい旅だったね」
 「ほんと、楽しかった」

 ばーさん二人は無事に新横浜に帰還。
 ”陽子さん 祝還暦記念旅行”の巻〜おしま〜い、おしま〜い。

http://smcb.jp/_as01?album_id=822067

カテゴリ:旅行・お出かけ

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。