趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

続き3.「釈迦三尊像光背銘文」偽造説

この銘文についても薬師如来のものと同様定訳はない。

銘文の概要は、
法興31年辛巳(621)12月に鬼前太后が崩じ、翌年(622)1月上宮法皇が病につく。(聖徳太子の薨日は621年2月5日)
看病の干食王后も病に倒れる。
王后、王子、諸臣これを愁い共に発願して釈像を造る。
この願力によって病が癒えて欲しい。
2月21日王后が崩じ、翌日法皇が崩御。
癸未3月中、釈迦尊像・脇侍・荘厳仏具を造る。・・・ついにともに彼岸す。
司馬鞍首止利仏師をして造らしめる。

この像の解体修理を行った時に、台座墨書銘文が発見され、名文中に「辛巳」の干支文字があり、
また、尻官(シロノツカサ)の文字があったが、この官名は記紀にはない。「尼官」かもしれない。

ここに書かれていることは、書紀に該当するものは無い。即ち書紀上の人物を考慮していない。

三尊像には鋳継ぎ、鋳掛けが施されており、技術は稚拙であることを示している。
地理的、空間的、年代的に薬師如来像とは異なる状況下に於いて作製されたものと言える。

偽造説は作製年代を7世紀後半と見るが、推古朝と見る説もある。
著者は、飛鳥時代の末、7世紀中頃と見る。

法隆寺は九州の観世音寺を移築したとの説もあるが、学術的には何等の検討も為されていないようである。
九州王朝説ではこの三尊像も九州から運んだということも考えられている。

法興年号について

推古朝遺文逸文として、伊予国風土記「道後湯岡の碑文」に法興6年が記されている。
三尊像銘文の法興31年辛巳(621)(推古29)と共にこれから逆算すると、法興元年は591年となる。
法興元年は書紀(B列)崇峻4年に当たり、之は敏達天皇の崩年に相当する。
書紀は何故か敏達天皇の崩御を記さず、もがりと6年後の磯長陵(聖徳太子の陵名と同じ)への改葬の事のみを記す。

先代旧事本紀は推古29年(法興31年)を編年の末年としている。そして推古29年条は書紀の推古29年条と略同じ記事である。
この年は穴穂部間人(ハシヒト)皇女の薨年である。
用明朝から推古朝にかけて皇大神宮の斎宮を37年間つとめた酢香手姫皇女の退任は推古29年(621)=法興31年である。
これにより穴穂部間人皇女と酢香手姫皇女は同一人物と推定される。

書紀の用明即位前紀の分注に、「見、炊屋姫天皇紀」として、斎宮酢香手姫皇女が推古朝に日神の祭祀を行ったとする記事があるが、
推古紀には酢香手姫皇女の名は全く出てこない。

推古年間は大部分が法興年間と重なる。
酢香手姫皇女の斎宮の期間と法興年号の期間は一致する。
この期間は丁度、敏達天皇が磯長陵に埋葬されてから、聖徳太子が同名の磯長陵(場所は別)に葬られるまでの期間になる。
書紀はこれを以って、法興年号のあったことを示している。

上記を整理し一覧表にすると次の通りとなる。

■西暦621推古29(辛巳)年
書紀(B列):    聖徳太子薨去:(酢香手姫皇女斎宮引退)
釈迦三尊像光背銘文: ★鬼前太后崩ず、上宮法皇(聖徳太子)罹病・薨去
先代旧事本紀:    聖徳太子薨去   
天寿国曼荼羅繍帳・上宮聖徳法皇帝説・法起寺塔露盤銘・上宮聖徳太子補闕記:   ★太子の母、間人皇女薨去

■西暦622推古30年
天寿国曼荼羅繍帳・上宮聖徳法皇帝説・法起寺塔露盤銘・上宮聖徳太子補闕記:   聖徳太子薨去

★印は同一人物と推定される。
先代旧事本紀は神道祭祀を擁護した物部系の人物により編纂された。   
穴穂部間人皇女=推古天皇は聖徳太子の母親とされている。
書紀は推古天皇を欽明天皇の皇女とし、酢香手姫皇女は用明天皇の皇女、即ち欽明天皇の孫とする。
新唐書は推古天皇を欽明天皇の孫とし、
宋史に引く「王年代記」には欽明天皇の女(ムスメ)とするなど、系譜に乱れがある。

系譜の不確実さ、母親が斎宮として神を祭り、息子が仏を崇めている。などこの辺に謎がありそうである。
以下次回へ。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。