趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

英語 ウンザリさんの相談

アニーの人生相談には男女の悩みなどが多い。
しかし、いつもの深刻な問題とかけ離れた「鼻毛、まゆ毛がどうのこうの」というのが今回の投書。
それでもこれをまじめに取りあげて、さらに回答まで載せている。
アメリカ人もひまなのか。
そしてこれを日記に書くようではわたしもひま人ということか。
いやちがう。わたしは息ぬきだ。
いつも人の命にかかわる医薬英文を見ているので、「鼻毛」の英文は気楽に読める。
しかしこの英文を和訳するのには少々疲れるし、かなりの意訳が必要だ。

Dear Annie: I associate with some older gentlemen through my church. Many of them have nose hairs and eyebrows so long you could comb them. Why aren't their wives telling them to take care of this? It is repulsive for those of us who have to look up at them while conversing. Ladies, please be helpmates to your husbands. ― Turned Off
「アニーへ。教会に通う男性の年配者と会話することがある。じつはそのときの男性の鼻毛やまゆ毛が櫛を入れるほどに長い。男性たちの奥さんは自分のダンナさんに手入れせよと言わないのかね。話をしていてそんな毛だらけ部分を目にするのは嫌悪さえ感じる。奥さん方、ダンナさんの鼻毛、まゆ毛、なんとかしてあげてくださいな。もうウンザリ」

Dear Turned Off: We have to assume these men do not realize they have hairs hanging from unattractive places, and it's possible no one around them is willing to bring up the issue. 以下略
「ウンザリさんへ。まず考えなければならないのは、ふだん気にもとめない鼻毛、まゆ毛が伸びているなどとは世の男性が気づいていないのでは、ということです。ふたつ目は、その男性の周りの人たちはだれも鼻毛、まゆ毛のことなどをあえて話題にしようとは思ってないことです。さらに考えられるのは、男性たちはすでに老眼の年となり、自分の鼻毛、まゆ毛がよく見えないのでは、ということ。
正しいかどうかは別として、外見が大事、だから身だしなみに気をつけるようにと言わずもがなのこと(言う必要のないこと)を他人に言いたくなるのが人間というもののようです。
さて男性の方々、拡大鏡をひとつ備えてみてはいかがでしょう」。


読者のコメントは。
So they've got hair sticking out. It might be unsightly, but…以下略
「そのとおり。男の鼻毛、まゆ毛は突きでるものさ。見苦しかろうね。しかしだな。アンバランスな肥満体、皺くちゃだらけ顔、イボだらけ鼻、ガタガタの黒い歯、突きでた(protruding)腹、つぶれた耳、骨曲がりの背中、そして見るからに貧相な顔。だからなんだというのかね。悪臭さえしなければ文句あるまいに」。

P.S.: Are you so sure YOU don't have anything unsightly shaming you to the world? Watch it, Mister Adonis, 以下略
「追伸だ。人の鼻毛、まゆ毛に文句言うあんた。あんたには見にくい部分がないのかね。自分をよく見てごらんな、“ だて男 ”(投書のなかで「ご婦人方」の言葉を使うからにはあんたは男なのだろうね。だから「だて男」と呼んだのさ)。そういうあんた、あんただって歳とれば今とは違った顔になる。それを分かっているのだろうね」。

I'm no fan of overgrown nose hairs, but have never seen an eyebrow that was "repulsive." 以下略
「のびた鼻毛は不快ですが、長いまゆ毛を見ても「嫌悪感」はありません。もしゃもしゃ眉毛もおもしろいものです。要するに、身だしなみの基準は人によりさまざまで、全く主観的なこと。あなたの身だしなみの基準は数ある中の1つ。世間の基準とあなたの基準とがいつも一致するわけでない。あなたはそれに不満で投書したのでしょう。しかし一言でいえば、『それくらいのことでいちいち不平を言わぬがいい』ということです」。

他に。
なぜ、ダンナの鼻毛、まゆ毛に女房が気を使わなければいけないのか。バカ言いなさんな。
などとのコメが多い。

英文は気楽におもしろく読めるのだが、和訳にはかなり頭をつかってしまった。
ああ、あほらし。

(わたしはいつも鼻毛を切っている。眉毛はバリカンで刈っているので、ツッパリ高校生のような目つきになっている。ついでに脇の下もバリカンを入れるのは、男くさい臭いがなくなると新聞で読んだから。歯は1本ずつ20分ほどかけてみがく。口臭のもとといわれる舌苔(ぜったい:舌の表面の汚れ)もこすりとる。自分のだらしのない身なりに男は無頓着だが、それを見る女性の感覚はちがうらしい。女性は男以上に清潔さを好むようである)。

カテゴリ:語学・国際交流・社会貢献

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。