趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

矢尽き刀折れても

前のめりで死ねれば最高でしょうね。
これだけ人を誑かせて、
噓のつき放題で、しかも鳩山前首相からは
糞野郎、ペテン師、詐欺師呼ばわりされ、
挙句の果ては両院議員総会で首を取ってやると
罵声を浴びても顔色一つ変えることなく。

昨日開催された国会の答弁でも、
全く当て外れのコメントをいけしゃあしゃあとの蹴れん身もなく、
どこ吹く風の状態で、
自分の一言がどれだけ影響を与えるのかも一切構わずに、
その場凌ぎ、泥縄式答弁に終始する。

呆れかえるのは野党議員は勿論の事、
与党議員までも開いた口が塞がらないであろう。

松本復興担当大臣の失脚より自分の任命責任は重いが、
全く意に介さない。管首相にとっては全く痛しも痒しもない。
蚊に刺された程度の感じであろう。

本人は私が辞めるのですから一緒に辞めなさいって
勧告しているようですが、全然理解されないで、
まだまだ首相の椅子にしがみついていたいらしい。

民主党幹部も口をそろえて8月末までは
辞任をするだろうと思っているようですが、
そんなことお首にも出しません。
10月には中国訪問を段取りするように
側近に対して指示する元気さ。

ということは9月に予定されているアメリカはオバマ大統領との
会談にも臨むことになるのかな。
全く破廉恥この上なしですね。
恥ずかしいとか、遠慮というものが無いらしい。

突然昨日の再開の国会でも
閣議でも閣僚にも全く相談なしに突如として、
原子炉再稼働に対して
”新たなルールを作って、改めて国民が納得出来る
判断が出るよう指示している“と述べて、

ストレステストの結果が再稼働判断の前提となるとの
見解を突如表明した。
再稼働のハードルが更に一層高くなること間違いなしで、
佐賀県の玄海を含む定期検査などによる
原発の運転停止が更に長期化する可能性が出て来た。

これに対して古川佐賀県知事は
”管首相の真意や政府の統一見解がないと
再稼働の最終判断はできない。
梯子を登る前に叩いてみたよかった”と
記者会見でコメントを。

また海江田経済産業相俄然原発の追加安全対策として
安全検査”ストレステスト”を近く実施すると表明したことに対して、
原子力安全委員会(斑目春樹委員長)が
泥縄式での検査の方法と実地計画を1週間以内に作成し、
報告するように規制機関である
経済省原子力安全・保安院に要請した。

すべての対策がこの通りで後手後手後手で、
良い原案が出来るわけないじゃないですか。
果たして脱原発で関連組織、機関の廃止を決定すれは
どれだけの失業者が出るであろう。

管首相が口角泡を飛ばして言い続けた
景気回復は雇用雇用雇用雇用雇用はどうなるのかな。
全く正反対の政策ではないでしょうか。
もう景気回復なんて頭の片隅にもないようで。
これじゃ何をやってもその場限りで。

舌先三寸男の典型で言動に全く責任感がなく、
行政のトップとして完全失格でしょう。
それでも首相の座に座り続ける執念や異常です。
早く鉄格子のはまった個室に入るべきでしょう。
入れられない閣僚の面々、野党すべて力なし。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。