趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ベトナムとの関係を強化すべし   !

戦前の大日本帝国は、人種差別と欧米の植民地主義支配を打破するために大東亜宣言のもと、世界でも初めての人種差別に対しての戦いを宣言したのである。

ベトナムはシナと戦い、フランスと戦い、そして、アメリカとも戦って戦争に勝利している。だが、ベトナム人は戦争に勝ったとは言わない、ただ負けなかっただけてある・・・という。

そもそも、ベトナムは、清仏戦争に負けたシナによって、賠償として、フランスに差し出され植民地となった。朝貢をおこなってきたベトナムはびっくりする。友好を築き上げてきたシナがまさか、戦争に勝利した国に、その国の意思を無視しての態度に愕然とする。シナ(漢族)の対応は、この時代から今日まで考え方はちっとも変っていない。戦前、日本のサヨク勢力と結託して、日本の北方戦力を南方に振り向ける謀略をおこない、結果的にソ連との戦いを回避し、米国と戦わせることでシナ共産党は有色人種を裏切り、白人即ち、西欧帝国主義と手を握りシナ大陸をわがものにしたのである。さらに、その触手を南シナ海、台湾海域、日本領土をも支配下に置こうという西欧帝国主義に劣らない暴挙を軍事力の強化と共に覇権を推し進めようとしている。

当時、ベトナムは戦力を保持しておらず、シナに頼っていたが、これではベトナムは帝国主義に支配される続けられるだけで、独立など到底無理であるという国民意識が募り、どうしたらいいのか、そんな状況ま中で、憂国の士、藩佩珠(ファ・ボイ・チャウ)は、新しい宗主国を探しに旅に出て日本にやってきた。日本はロシアと戦争中で、日本がフランスより強いロシア軍をやっけたことに光を見出した。ファ・ボイ・チャウは犬養毅を訪ね、フランスどもを追い払ってくれと・・・・・犬養は日本は協力を惜しまないが、自分の国は自分で守るものだだと、自分は何もしないで他人に血を流してもらおうというのは料簡が違うと・・・・・

ファ・ボイ・チャウは本国から、世界を知り、戦いを知ることを日本で学び、ベトナムに帰り、実践にうつして行く、それが、東遊運動(ドンヅ)抵抗運動の始まりで、最初の軍は、モトハイといい、モトはべトナム語で一、ハイは二 日本軍がいっにぃという行進をしたことからの名称である。

米国との戦いの後、シナの傀儡政権ポルポトを倒し、中越戦争では人民解放軍と戦い追い返している。このベトナムの強さは戦前の日本軍から学び取った精神が伝えられ、ベトナムの強さはアジア人民の連帯の中で培われ、有色人種を裏切り、帝国主義と手を結んだシナ中共の行為を我々は忘れてはならない。

それにしても犬養毅の言葉、今の民主党政権にしかと聞かせたいものではある。近々、米豪日の軍事演習が実行されることになっているが、シナの覇権行動を抑止するにも東南アジアの国々と協力し、アジアの乱暴者を牽制しなければならないだろう。それは、今後の日本とベトナムの友好協力関係が重要な意味を持ってくるからである。


7月10日 (日) 午後14時〜
井の頭線 井の頭公園駅前〜吉祥寺駅前、繁華街をデモ
管直人の選挙区で、一人でも多くの参加で「管内閣打倒」の声を上げましょう。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。