趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

病気療養中(通院中)なのに韓国+タイでちょっと遊んで・・・その1。

4月11日に帰国して以来、週3回の医者通い・・・今日は循環器内科、明日は整形外科、明後日はリハビリ科と我が身体の事とは言え
安心の毎日を送っていると退屈になってきた。

そんな折、ニュージーランドに居酒屋を構えた若親父から・・・6月始めにタイに行きますから現地集合しましょうとメールが来た。

う〜ん、退屈な毎日・・・良いんでないかいッ、って事で航空券の手配。

東京(成田)⇒ソウルの航空券の残りがあって取り合えず5月31日に予約を入れていたのでそれを利用して先ずは韓国ソウルへ。
それから先の航空券は航空会社のHPで手配した。

5月31日、午前10時発のJAL951ソウル行きに間に合うように出発ロビー到着・・・チェックイン・カウンターを探す為に出発案内を見るとアレレッ、該当便がない・・・この便って毎日運行のはずだけど??

早速JALカウンターで聞いたところ、この便は震災の影響で運休中とのこと・・・代替便は朝8時過ぎの羽田発が用意してあったんですがと一方的に言われた。
よその航空会社を通して予約した航空券の最後の部分でリ・コンファームも要らないと言われていたし、JALからの便・変更の連絡もなかったしとゴネにゴネて最終的に共同運航の大韓航空で飛ぶ事となったがターミナルが違うのでその移動なにかで時間が掛かったの何のって。

動き回ったお陰で疲れが出て機内では爆睡・・・2時間ほどの距離とは言え良く寝れた。
仁川空港まで列車が乗り入れたので早速コレを利用・・・ノンストップ便と各駅停車があるが所要時間差は20分ほど。
急ぎ旅でもなし、勿論、各駅停車利用で途中、地下鉄に乗り換えて市内へ。
昔、よく利用した安宿がきれいに改装されていたので久しぶりにこのモーテルを利用。

曇り空で暑くも無く気持ちよく久しぶりのソウルの下町をそぞろ歩き。

6月1日・・・航空会社のHPで予約したバンコクまでの航空券、日本で購入する格安エコノミーの金額プラスちょっとの額でビジネスクラスが利用できた、よく調べてみるものだ・・・自画自賛。

この航空会社は中華系?なのでソウル仁川空港のラウンジではお粥が用意されていて満足・・・敢えて難を言えばラウンジ内にトイレが無い事かな。

この航空会社のB-777型機のビジネスクラス・シートは昔ながらの座席ではあるがシート・ピッチが大で大変に宜しい。

途中の経由地でのラウンジにはロング・バーと呼ばれる滑走路を見渡せるバー・カウンターがあり、バーテンにカクテルを作ってもらいながらグビグビ、搭乗を待つ。

経由地からバンコクまでの便のビジネスクラス・シートはフラット・ベッドになる新しい座席・・・短い飛行時間ではあったが完全に横になれて満足。

因みに機内での食事は・・・メインなどは飛ばし前菜とデザートだけにしてもらったのでよく判らない。
まぁ、所詮、普通の機内食と言った所だがワイン・セレクションはランク的にはマイナス。

バンコクの空港では機内で貰ったファースト・レーンと言う入国審査を快速で抜けられるカードを利用するかしないかで迷った・・・と言うのもバンコクの入国審査前にはどのレーンに荷物が出てくるかの情報がないのだ。

え〜い、取り敢えずこの券を無駄にすまいと利用してみたが予測した通り、ファースト・レーンの入国審査からは全く逆方向の一番端のレーンから荷物が出てきた・・・意味ねーじゃん。

到着時間はまだ午後5時前・・・試運転の時に利用したエアーポートエキスプレス(列車)を利用してラチャダ通りの側の駅まで移動。
下車後は地下鉄駅まで5分ほど歩いてそこから地下鉄で定宿のある駅まで10分ほど。
大勢で旅行するならタクシーの方が安上がりだが一人旅で電車運行時間内ならこの方が渋滞にも掛からず早くて安い。

6時過ぎには部屋で着替えも済ませ・・・早速夕食を兼ねて久々のバンコクの夜の中へ飛び出した。

年をとると暑いって極楽・・・今までいたニュージーランド南部では真夏でも布団を掛けて寝ていたくらいだから。

サバーイ、サバーイ・・・とバンコクの夜は更けて行く。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。