趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

気温三十度のスーパーの店員さん

昨日午前九過ぎに仕事の都合のついた夫の車に便乗して、予約して

いた美容院に向かいました。

アレルギーをもっいるので、染めとパーマをかけるのを分けなければ

ならず、美容院の時間が二倍かかりますが、仕方がありません。

着いたのが九時二十五分でした。

粗方掃除はすんでいました。冷房も適当に効いていました。

染めを終えると、近隣の喫茶でランチをとると、歩いて五分の何時も

の流行らないスーパーに向かいました。

近いうちに日帰りの行楽にでかけるのですが、このところ車酔いが酷

く、薬を買うためです。

薬局で薬を求めて、二階の百金の売り場に向かいました。

一階のスーパーの温度はさほど感じなったのですが、二階に上がる

や否や、なま暑くムットする空気です。

節電なのでしょう。私は、温度計と湿度計を買う事にしていたのです

が、その空気と広さに探すのが億劫になり、一時でも早く店を出たく

なり、レジの店員さんにその場を聴く事にしました。

二十歳前後のまだ童顔の店員さんは、親切に教えてくれました。

でも、結局は、吊るし型の温度計と湿度計は買わず、もろもろの物を

籠に入れて、レジに向かいました。

あの童顔の店員さんでした。

レジを打ち終えたその店員さんに、思わず「暑いね。大変でしょう!」

こんな言葉が口を突いていました。

「はい、そうですね。今日は、まだ良いのですよ。昨日は、三十度でし

た。言っても上げてくれないのです」」との店員さんの答え・・・・

私は、驚きました。そして労働の大変さを思いました。私は甘いので

しょうか。

「頑張ってね。首に保冷剤を巻くのよ。ダメな時は・・・・」

と言っていました。なんだか、娘に言っているような想いでした。

「はい、有難うございます・・・」

店員さんの言葉です。

隣の本売り場に行く予定でしたんが、具合の悪さを覚え寄るのを

止めました。

まだ、この地では、節電かも知れぬとの予告はあっても、要請は無い

のですが、そんなに節電をしなければならないのでしょうか。被災者

の方には申し訳ないのですが、その場で労働をなさる方は、特に大

変。お気の毒にと想いながら帰宅に着きました。



創作広場で、雪と結晶の拙い作を公開致しています。

雪と結晶のプロフの創作者プロフイールページを押してくだされば、

行きます。宜しければ、お楽しみください。

カテゴリ:旅行・お出かけ

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。