趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「日の丸」が美しい   !

ドイッで行われている、女子サッカーW杯は、スウェーデンと対戦し、3対1で日本が勝利し、準決勝に進みアメリカと対戦して優勝への望みに駒を進めた。

いつみてもスタンドの「日の丸」は、日本人の心に突き刺さる美しさだ、世界で最もシンプルで美しいとされる。我が国家の旗「日の丸」にいちゃもんをつけて、非難する輩たちが日本国内に存在する。

国旗・国歌に反対する勢力、日教組や労働組合、民主党内の政治家(自民党の中に存在する)と管直人首相だ。記者会見で今は日の丸を背に会見するが、本心は「こんな国家は早く、ぶち壊す・・」などと思っているに相違ないが、世間の手前なんとかこらえて、会見をするが、それがなんと的外れで計画性のない与太話に似た言動に終始する。

驚くことに、先の献金問題の説明もないままに、新たに拉致容疑者親族周辺団体への献金が産経新聞に報じられ、我々国民の税金である政党交付金から管直人の政治団体を通じて、6250万円の献金が行われていたことが判明した。過去においては共産主義国家北朝鮮を擁護し、核についても容認してきた。その男が、日本における脱原発をぶち上げてもその信憑性はぜろであり、電力国営化発言などは、ズバリ日本国家の解体が目的である印象はぬぐえない。

かって「電力の鬼」と言われた男、松永安左ェ門は、福沢諭吉の「自主独立」と科学的経営をモットーに、戦前は軍部の電力国営化にも断固と反対し、戦後は「電力はすべての日本産業を復興させるための武器であり、我々が大衆におもねていては、これからの日本はどうなる」と国民の反対を押し切って電気料金の値上げを進め、今日の日本産業の発展と日本人の生活向上を勝ち取ったのである。

今やサヨク独裁政権と、いっても過言ではない管内閣原発事故と災害復興の陰で、サヨク的策動を進めるために権力維持を何が何でも必死に守るというのが管直人の目指す方向と見てもいいだろう。安永のように基本的に思想と哲学が基本とした人物と管直人などその足元にも及ばないが、その無思想こそが日本国家を滅亡へと陥れることになるのである。

私たちの美しい国は、常識的な純真な日本人によって、作り上げられてきたものです。一人一人が思いやりと道義的精神の中で生活が営まれ、国家は人民のため、人民は国家のためにという皇族を頂点とした国家体系は、あの美しすぎる国旗「日の丸」に象徴され、この国の繁栄をもたらせている。地球市民なる管直人ごとき男に、この美しい国「日本」を売り渡す、政治的野望に加担してはならないし、断固としてこの策動を粉砕しなければなりません。
そして、この内閣を支える、非常識な鳩山由紀夫、小沢一郎、亀井静香、与謝野肇などの政治家たちが、この管サヨク政権を延命させていることも併せて考えなければならないでしよう。




昨日から、靖国神社では「みたままつり」が開催されている。無数の提灯に火が入り、英霊の御霊に手を合わせ、日本国家の繁栄を念じ、16日まで開かれる。
8月15日は「終戦の日」日本国家にとっては「屈辱の日」でもある。今年も、第2回目の「靖国神社参拝」を行います。皆様の参加をお待ちします。

「管内閣打倒」大阪
7月23日 (土)  13時〜
大阪・中之島公園 市役所前で集会デモを行う。
主催「頑張れ 日本 全国行動委員会」(右翼でも左翼でもない、真ん中の集まりです)

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。