趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

阿瀬渓谷

連休初日豊岡の阿瀬渓谷にいきました。
6時30分ヨドバシカメラ集合なので皆さん早起きにて
参加です。
予定より30分遅れで出発、事故渋滞がありどうなるかなと
思いましたが渋滞を過ぎるとスイスイ、無事に到着。

そしていざ出発!
渓流沿いの道は木陰もあり気持ちよく、滝もありで心地よく
途中の水場で泳ぎたいな・・・なんていう人も・・
暑い、暑いと水分補給や手持ちの団扇も止まる事無く健脚揃いの人ばかり・・・

最後までついていけるのか心配しつつ滝を観るとそんな思いも
吹っ飛び歓声、写真撮るのに必死でした。

昼食は渓流の木陰の石場にて持ち寄りの冷凍フルーツやコーヒーをいただき疲れが癒され美味しかったです。

山椒魚が水場にいると教えて貰い、みんなが迷カメラマンに・・でもおたまじゃくしが上で山椒魚は底の方になり上手く撮れませんでした。

水分補給、エネルギー補給も整い出発、金山廃村には行かず洗心台の方に・・・急激な健脚向き階段とゆったりコースの分かれ道、皆ゆったりコースを選びましたが此れもかなりきつい道が松風苑まで続きました。此処には何故かブランコが作られていました。メンバー二人が早速乗り楽しんでいました。
100k以上でも耐えられる様です、観た感じでは今にも壊れそうな・・・何故こんな山中に?坂道の様な所にと不思議な思いでした。

最後の力を振り絞り洗心台に、此処はわりと平らな所でしたが眺めは余り良くなかったな。

其れを過ぎると下りコース、白寿の階段が待ってました。
下りでも急激な階段、登りだときついだろうな・・と思いつつ
道を下ります。特に花も観るものもない道、杉の枯れはや枝、泥濘が足を止めさせます、此処で躓いては大変慎重になりました。

登りの時に右にと進んだ思案橋に到着、私達は渓流に横たわる思案橋左の道に降りてきたのでした。
どのコースを思案をするから思案橋なのだと納得しました。

此処からは少しだけ渓流沿いを歩き、後は車道を通りと下の渓流の滝では地元の若者や家族連れの声が、観ると滝すべりや
水遊びをしているでは・・いいないいな!と横目で眺めつつ駐車場まで到着。
汗でシャツはずぶ濡れ状態、最後の到着者まで暫しの休憩です。

万歩計持参の方が一万歩少しだと教えて下さり、少し気落ち・・・それ以上歩いたような気持でしたから。

秋の紅葉時期には綺麗な渓谷だな・・・と参加者達の言葉、秋には又紅葉狩りとして金山廃村まで足を伸ばして訪れたいです。

帰宅の車の中女3人のおしゃべりがつきません、眠る為に運転交代してた前二人の男性申し訳有りませんでした。
帰宅の高速でも事故渋滞が有りましたが少し早目に行かれた
方の連絡で車線変更して割と早く大阪に着く事が出来ました。

阿瀬渓谷
http://smcb.jp/_as01?album_id=838614

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。