趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

アメリカ新聞にみる 「なでしこJapan」

日本が勝ったことを示す動詞がならんでいる。
Japan +capture, beat, won, stun

負けると、America+lost

そして英文に躍動感をもたせる分詞構文が多い。
After giving up, S+V 
S+V, beating
S+V, stunning


写真は日本の新聞と同じ。
みな、なでしこの勝利、勝利の顔、顔、顔。
やや色が変わるのが『シカゴ・トリビューン』だ。

アメリカのゴールキーパー、ホープ・ソローがひとり、なでしこJapan をたたえた金粉つもるフィールドを去っていく。
“Hope Solo walks across the field after the loss.”
「決勝にやぶれたあとのフィールドをホープ・ソローが歩きゆく」

“Hope Solo”をのせるとは、この編集者も「語呂合わせ」をしたのだろう。
“Hope”は「希望」、“Solo”「 一人で」である。
すなわち、「希望も消えて、 一人で去ってゆく」となる。



http://www.chicagotribune.com/

World Cup: Japan wins on penalty kicks
Japan has won the Women's World Cup, stunning the United States 4-1 in a penalty shootout after finishing in a 2-2 tie.


『ワシントンポスト』
http://www.washingtonpost.com/?nid=top_news

Japan captures World Cup title
「タイトルをとった」
After 2-2 tie, Japan stuns the U.S. in penalty shootout to become the first Asian nation to win the World Cup.
「stun:びっくりさせる, どぎもを抜く, 唖然とさせる」


『USA トゥデー』
http://www.usatoday.com/

Japan beats USA to win World Cup
After giving up a goal in the 117th minute, the USA lost a penalty-kick shootout to Japan.


『ニューヨークタイムズ』
http://www.nytimes.com/

Penalty Kicks Decide Game After 2-2 Tie
Japan won its first Women’s World Cup in a triumph built on hope and renewal, beating the United States.

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。