趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

汚染牛肉買い上げるって 副大臣さん

筒井信隆農林水産副大臣が突然の如く、
定例会見で放射性セシウムを含む麦藁を
肉牛に与えていた件に関して、
暫定規制値を超えたセシウムが検出された
牛肉は国が総て買い上げるって、

更に同氏は
市場に出回らないようにする必要性がある。
消費者に安心感を持ってもらうことが大事だって。

じゃ今まで市場に出回って消費者の腹の中に収まった
セシウムに汚れきった牛肉はどうするの。
無視してこれからこうしますって、
全くのその場凌ぎの泥縄式対策では。

突如何故牛肉だけ国が買い上げるの。
今までのセシウム汚れで出荷制限された
農作物が何故買い上げなかったの。
セシウムに汚染された魚介類は何故買い上げなかったの。
整合性が全くありません。

何故農作物や魚貝類が見捨てられて、
牛肉だけが国は買い上げるの。どうなっているの。
副大臣の独断か。
鹿野農水大臣は牛海綿状脳症(BSE)の時の施策も
参考にして総合的に判断したいって(慎重です)。
と見解の違いも表面化している。
この副大臣スポットライトを浴びたいのかな。
しっかりと閣議か上司の許可を得ないと。
独断では混乱するばかりですよ。

昨日の群馬、新潟両県の調査で、
放射性セシウムを含む麦藁を肉牛に与えていた問題で
既に汚染された疑いのある113頭が
東京その他の方面に出荷されたと言う。

これで出荷、流通された汚染肉牛は合計1462頭となって、
消費者の腹の中に収まった(一部は流通途中)。
何故もっと早く検出できなかったのか。
後手後手御手の得意の防御しか出来ません。
これでは消費者は堪りません。

安全ではなく消費者には安心して食べられる肉牛の提供を
肉牛は海外産と言うことになるが、
以前は敬遠された海外産がここに来て注目されてきた。

先日食べた海外産の豚肉が柔らかくて厚みがあって
非常に美味であった。
よく聞いたらオーストラリア産であったとか。
自己防衛。国産品逃避、海外品大歓迎だって?
それでも中国産は敬遠したい。

日本から離れた国の農産物、魚介類を選ぶことにしたいが、
矢張りそれでも先進国優先でしょうか。
困ったことになって来ました。

今になって冷静に考えれば何故この量のセシウムが
どういう経路で何時輩出、拡散されたのか。
またまた隠蔽工作か。
何が安全かい、何処が安心かい。
何処が工程表通りに対策が進み効果があっているのか。
首相のマスターベーションか。

参考までに東日本大震災被害者数
         死亡者      不明者
岩手県     4602       2131
宮城県     9333       2554
福島県     1600        279
三県以外     66          4
合計      15601       4968

未だかって約5000名が行方不明で、早く発見されると良いですね。
死亡者の御冥福を祈ります。
原発、原発で騒がれているけれど
震災被害は宮城県が圧倒的で、次いで岩手県です。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。