趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

水郷 佐原を訪ねて

先週土曜の16日に水郷の町 佐原に行って来ました。

http://smcb.jp/_as01?album_id=842661
朝7時頃出発、7月15日の震度4の地震が嘘の様に快晴!
途中、空港第2ビル駅まで乗り過ぎてしまいました。

仕方なく、成田に戻り、JR成田まで徒歩2分。
成田線で30分。ようやくJR佐原に到着。

とても暑いよ。
早々、観光案内所を尋ねた。

「レンタサイクルありますか」と尋ねたら、祭で貸せないとの事。

朝から、また「とほほ〜」ですか・・・・・・・

仕方がない。バスの案内パンフを渡されて、駅前の停留所に丁度着いた、循環バス運転手に聞いた。

「無料シャトルバスもあるが、祭本会場なら徒歩の方が早い。
」と教えられ、線路沿いに歩き、会場を目指す。

暫くすると、小野川に到着。そのまま、小野川沿いを歩く。

案内が全然ないのだが、浴衣を着た人達に付いていくと、八坂神社と山車会館に。

やきそば、綿菓子、磯辺焼、 おもちゃなど様々な屋台が並ぶが、今一盛り上がりに欠ける。

その内に、どこからか掛け声が聞こえて来た。

1ポン先の道では、1台の山車。

家々の軒先をかすめながら日本三大囃子「佐原囃子」の音を町中に響かせながら、進むさまは風情たっぷり。
夜なら、最高かも!

山車は、神話や伝説の英雄などをテーマにした大きな人形が載った壮麗豪華。この山車は「菅原道真」

江戸時代の情景を彷彿とさせる。

ただ、小江戸と呼ばれているらしいが、私は少しガッカリ。

古家の街並みは、整備中(青シート)や無人の古家が点在。

歯抜け状態で、1部分を見ればよいのだが全体は写真の残そうとは思えなかった。

10時45分から、炎天下の中を3時間以上、歩いて観光したが、
日焼けはできたけど、正直、大変疲れた。

佐原駅から
小野川を下り、万代橋・新橋・開運橋・中橋から、メイン会場の八坂神社・山車会館(祇園祭)→菅原道真公の山車見学→佐原町並み交流館に入る→再びお祭りメイン通りにでて三菱館(修理中)→忠敬橋から伊能忠敬記念館・旧家→佐原小学校経由で関東三大厄除大師の一つ観福寺→忠敬橋に戻り→馬場酒造・東薫酒造→清宮秀堅宅→与倉屋商家・大土蔵→佐原公園→諏訪神社→佐原駅

折角、電車を乗り継いで2時間以上掛けて、来た割りには、満足感はない。

15時位には、帰る観光客が増えて来た。

しかし、千葉方面の電車は何と1時間に1本。

何か時間がゆっくりと動いている様です。

当日は、知らない間に寝てしまってました。

雰囲気は、アルバムを見てね。
http://smcb.jp/_as01?album_id=842661

カテゴリ:旅行・お出かけ

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。