趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

7/28 スピルバーグ制作ドラマ「パシフィック」

第3話まで。

主要人物が、幹部の金髪のおじさん(よくホラー映画などで見かける)以外、全く同じような俳優なので、誰が誰かわからない。

戦闘シーンを描くのに、実際を意識しているのか、暗くて判別できない。
観客はこれが映画だと認識して見ているのだ。
もし実際がどうのという考えだったら(そんな馬鹿げた考えはないと思うが)、それは映画人として論外。

現実味と映像の明暗は、工夫で乗り切るものだ。
真っ暗闇の場面では、見えない。
青白い映像にするとか、これが映像技術。頭を使え。

それと、今どこで戦って、敵はどこにいて、どんな戦況なのか、把握できないんだよね。
一般人の私が感じるのだから、これは大袈裟ではありません。

吹替えも似たような俳優に、似たような声優。
顔でも駄目、声でも判別不能でした。
後半に「英雄」扱いされる戦闘員の、その英雄的行動すら明確に把握できなかった。

意味不明のセリフあり。火薬の量が少ないとかなんとか。
そんなセリフを言う場面ではないし、それが何を意味するのか知りません。軍人じゃないのでね。

しばしこれを見ます。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。