趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

89円の優れもの

「100円ショップ」へ行けば大概の品が100円で手に入る世の中になっています。小さくても大きくても同じ100円ですので、大きなものを買った時には得をした気分になり、逆に小さいものに100円を払うとちょっと損(?)をした気持ちになります(貧乏性の私だけでしょうか?)。しかし本当に欲しいものに巡り合った時は、大きな満足感を味わうことができます。

ところが、意外なところで大変重宝なものが100円以下で売られているのです。私がこの品を購入してすでに丸5年近くになります。ほとんど毎日使用していますが、5年経ってもその品物の機能は全く変わることなく、本来の目的以外にも使用しています。

前置きが長くなりましたが、その品は写真1に示した「調理用のはさみ」です。このはさみの価格は「89円」で、現在も同じ値段で売られています。このはさみの切れ味は抜群で、毎朝食パンをこのはさみで二分するのに使います(そのあとトースターで焼く)。このはさみの前は、いわゆるパン切りナイフを使っていましたが、食パンの屑が飛び散ったりして大変でした。

さらにその切れ味のよさがわかるのは、牛乳パックを洗浄・乾燥後このはさみで切って解体するときです(写真2)。解体されたパックは「使い捨て用のまな板(特に肉類の調理に便利)」に使用されますが、このパックに使われている紙は結構厚みがあり、硬いため小さなはさみなどでは切るのは大変です。この89円のはさみで切るといとも簡単に三次元の立体が二次元の平面になります。このパックを切っている時の快感はちょっと癖になるほどで、ストレス解消にもなります(私だけかもしれませんが)。

我が家では調理用と一般用に分けて、二丁のこのはさみを使用しています。今まで使った中では、このはさみが一番使い勝手が良いと感じています。というわけで、今までに20丁以上購入し、親戚・友人・知人に強制的に(?)配布しています。皆がその値段を聞いてびっくり。また使用してみて切れ味のよさにびっくり。

ここまで読んでいただいたお礼に、どこへ行くと手に入るかお教えします。

2006年に日本に初めて北欧系の「家具類製造・販売ストア」が進出してきました。4月には船橋、9月には新横浜近郊に店舗を構えた「Iストア」です。その後関西にも出店し、現在日本に5店舗あります。震災復興も兼ねて、近々仙台にも出店するようです(既存店よりは規模は小さいようですが)。このIストアは世界的規模で事業を展開しており、現在全世界で300弱の店舗があるようです。

新横浜近郊の店には、新横浜および田園調布からシャトルバスで行くことができます(大部分の方はマイカーで来店されているようですが)。このストアに展示されている家具や関連した品々を眺めるだけでも、楽しくなります。芸能人もファンが多いらしく、私も二、三度買い物をされている有名芸能人を見かけたことがあります。

ついでに、私のお気に入りの品をもう一つ紹介します。これは300円弱だったと記憶していますが、通常の日本の店にはない品です。

日本の家屋の玄関は、かなり狭く靴を履くときに「靴べら」を使う機会が多くあります。日本の品は大概その長さが50cm以下ですが、Iストアで売られているものは60cmの長さのものです(写真3)。最初に見たときは、その長さにびっくり。外人は日本人より背が高いからだと、納得していました。

ためしに1本買って使用したところ、大変使い勝手がよいことがわかりました。特に私のような年配者が立ったままで靴を履く際に、この長さがちょうどよいのです。狭い玄関で腰を曲げたり、座ったりして靴を履くのは、年配者には一苦労です。というわけで、この超ロングな靴べらもたくさん買占め(?)、はさみ同様あちこちに配布をした次第です。

Iストアには優れたデザインの多彩な品が展示されています。暑気払いに一度行かれることをお勧めします。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。