趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

なき妻を偲ぶ人麻呂の涙。 名歌200選(57) 素浪人の『万葉集漫談』(249話)

「万葉集第2期の時代(672〜710年)には天武天皇・持統天皇の強力な主導によって、新しい律令国家の建設が進められました。「やまと歌」をこの新しい時代にふさわしい文学に仕上げて行ったのが柿本人麻呂です。」というのが、『万葉集ー隠された歴史のメッセージ』小川靖彦・青山学院大学教授、角川選書です。
そして、「人麻呂の「やまと歌」においては、口誦と文字、神話的想像力と新しい表現技術が激しくぶつかり合い融合します。人麻呂以前の歌謡の歴史を集大成するとともに人麻呂以後の「やまと歌」のあり方を決定づけた」とも小川教授は言います。
流石に気鋭の万葉学者です。「一般読者向けに解り易く書いた」というだけに、随所の「コラム」に要約があり、難しい学問の世界を、一般の『万葉集』愛好家に解放してくれた観があります。
初級、中級の『万葉集』愛好家にはお勧めの一冊として紹介したいと思います。

さて、その人麻呂の妻を亡くして、泣き悲しむ歌はまだ続きます。
巻2・210の長歌に続く短歌を紹介します。

(249) 去年(こぞ)見てし 秋の月夜は 照らせども
        相見し妹は いや年離(サカ)る
             巻2・211 柿本人麻呂

大意・ 去年、(妻とともに手を携えて)見た、秋の月夜は皓々とさえ渡って美しいが、愛しい妻はもう傍には居ず、年月の経過とともに次第に遠ざかっていく気がしてならない。 
解説・ 「その人麻呂の生涯は、まったくヴェールにおおわれています」と小川教授が嘆息するように、この子供まで生した亡妻の姿も、定かなものではなく、説が分かれているようです。
「ロマンを掻き立てる空想の世界の妻」という学者もあるようです。
私はここで、「軽の女」 ー 共に住んだ「軽の道」の妻という長歌からー と、呼んでおきたいと思います。(笑)

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。