趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

療養中なのにタイでちょっと遊んで・・・その4

調子の悪かったお腹も何とか元の元気な状態に戻ったころにバンコク在住の知人から電話連絡・・・元青年さん、まだ我が新生児に会ってませんよねと。

そう、タイ人のご主人と我が友人女性の間に新たに子供しかも双子の男児誕生・・・昨年、N国滞在中にそのニュースを聞いて新生児へのプレゼントだけ贈っておいたのだが・・・。

早速、友人家族と夕食を一緒に取る事となり・・・Sビット通りにある韓国料理屋で待ち合わせ。
タイ人のご亭主曰く・・・この店、時々使っているんです。店のママが子供の面倒を見てくれるのでゆっくり食事できるんですと太鼓判を押した店。

8ヶ月目に入った双子は・・・うーん、全く同じ顔。
どうやって見分けるんだと聞くと・・・ママはオッパイ飲むときの吸う力が少し違うので判るという、一方、ご亭主は蒙古斑の形が違うので判るそうだ。

日本語、タイ語、英語を使い分ける長女はもう8歳、日本のおばあちゃんの家へも一人で飛行機に乗って行くという・・・おばあちゃんが成田空港まで迎えに来てくれるから大丈夫だけど、帰りは一人じゃイヤ、ママに迎えに来てもらうのと言う・・・ママ曰く、この娘は将来、添乗員にでもさせようかしら、この年で何処へでも行っちゃいそう・・・と笑う。

大笑いしながら腹いっぱい焼肉ほか韓国料理を満喫・・・新生児を含めてのお土産は先だって出かけた北九州で見つけた珍しいビスケット。
その昔、八幡製鉄所がある頃に製鉄所の売店で売られていたと言う堅パン・・・歯が立たないくらいに硬いビスケットで注意書きにも歯の弱い年配者などは気をつけてとある代物。
その昔は製鉄所勤務者やその家族しか購入できなかったそうだが現在は北九州空港でも売られている。
赤ちゃんの歯を鍛えるのに良さそうなのでお土産にしたのだ。

そしてタイ人のご亭主は次回のボクのお土産は埼玉のカリントウをお願いしますと・・・我輩は駄菓子のカリントウが大好きで埼玉の某会社のカリントウがお気に入り、東京在住の友人が時々送ってくれていたけど上京した折に東京都下にある工場まで出かけてまとめ買いしておくが以前、お土産に持っていったものが気に入ったようだ。

今日は子連れ、しかも運転手を兼ねているのでお酒は駄目です・・・明日、改めて飲み会しましょうとご亭主に約束させられサヨナラする。

久しぶりのS通りをソイ(路地)の番号の若い方へ向かってそぞろ歩き・・・「社長さ〜ん、マッサージィどうですか〜」「一杯どうですか〜」「良い娘、いますよッ」とアチコチから声が飛んでくる・・・俺、金なんか持ってないのになァ〜。

明日は飲み会、終電に間に合ううちに宿に引き上げる事に・・・。

ホテル・ロビーに入る直前、タクシーから降り立った知人・・・ベロベロに酔っ払っている。
アレー、元・青年さんは今日は部屋に居なかったですねぇ〜・・・今までオネーちゃんと飲んでいたんですよォ。
ちょっと行きましょ、ちょっとだけ・・・と酔っ払いに誘われて宿の前にあるお風呂屋さんのバーで一杯。
ここでは飲むだけ、この後のオネーちゃん遊びは無しだぞォと釘を刺して・・・夜は更けて行く。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。