趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ふんぎり(1) 東京マラソン−湘南国際マラソン

6月前半に行われた湘南国際マラソンのネットによる先着順参加申し込み。自分は事業所の所在地の関係で、事前に地元優先枠でも申し込みでき、且つ、参加資格が得られたと思いますが、敢えて、申込者殺到が予想された一般申し込みを行った。
――今年の大会、代議士の政治的利用色が強く、そのひとつが「地元優先枠」と感じたからである。

一般申込み定刻を数分過ぎてから申し込みを行うと、
「受付順番待ち」として受け付けられました。十分に参加受け付けされそうな順位でした。1〜2時間待たされた後、受け付け順が回ってきたので、操作手順に従って操作すると、
な、な、、なんと!『トップページから操作をやり直してください』
そしてその操作を行うと、結果は、募集数<18000−地元枠1800>人に対して約30000番目の順番待ち。ムヵッ!!!!!
受付ソフトは、ある側面で完全に欠陥品だったようです。

抗議に対して事務局もそれを暗に認める回答でした。
事務局には多数のクレームが届いていたことも分り、事務局と約2週間に亘り、メール交渉しました。交渉中、自分については参加できそうな雰囲気も感じました。
私の要求は、謝罪の広告とその対応としての一定規模の追加募集でしたが、それへの歩み寄り姿勢は全く見られませんでした。
『湘南国際マラソン』・・・地元の宝物のひとつになってほしいと願いつつ、毎回(1回抜け)参加してきましたが、千年の恋も一気に冷めてしまいました。
以来、マラソンに対する熱までも殆ど冷め切った状態です。

ふんぎりをつけなければ、自分の折角の些細な楽しみまで失ってしまう・・・
初回から連続5年間落選し続けている東京マラソン、齢を追うごとに、その寒さに対する怖さが増しており、次回は申し込まない予定でしたが、“湘南国際マラソン”にふんぎりをつけるため、昨夜、参加申込みしました。
抽選に当っては欲しいが、外れてもいい。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。