趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

3日目(その3) クロアチア ポレッチの猫と犬

クロアチアのポレッチで、今回の旅行で初めて猫と犬を見かけた。

それぞれ1匹ずつであるが、2匹に共通項がある。いずれも店先で客に接するようにして飼っていることである。
猫なら「招き猫」で、そのものずばりがあるが、招き犬は聞いたことがない。

最初に見かけたのは、猫である。招き猫のように手を挙げて客を招く仕草はない。店先にうずくまっているだけである。店先に置かれた段ボール箱の中で、居眠りをしている。眠りながら、その耳は外部の音を聞き分けて、危害を察知する体制である。

同じ様に店頭で蹲っていた猫を京都で見たことがある。その店では、猫は商店入口の中央にいた。お客さんの関心を引くためと見受けられた。その猫も、おとなしく動かないままであった。

ポレッチでは、入口の端であるが、いかにも長閑で、幸せそうである。お客さんも安心して店に入るであろう。

次は、犬である。旅行記でもコメントしたが、この小犬には「タロー」という日本人受けする名前が付いている。それも芸達者である。

店の前の日本の名前が付けられた可愛い小犬だけでも、日本人観光客の集客効果があると思われるが、この犬は人懐こくて、少し芸ができる。ジェラートの店では立派な客を呼ぶ役割を演じている。

ジェラートのお客さんに懐いて、ジェラートをねだるような素振りに、お客さんが犬の頭をなでながら宥めている。そのシャッターチャンスに1枚目はうまく撮れたが、少し遠すぎるので、ズームアップしてもう一枚カメラを向けたところでそのお客さんと目が合ってしまった。そこで、そのお客さんに近づいて、挨拶とともにその写真を見せて、撮影についての了承を得た。

その後、タローはおねだりのためにチンチンまでして見せた。写真は、完全に立った状態を見て撮影準備したため、チンチンが終って着地する直前の姿勢である。

クロアチアのポレッチでは、犬も猫もお客さん集めに貢献しているようである。

クロアチア ポレッチの猫と犬
http://smcb.jp/_photo_list?pic_album_id=2219001

写真は店頭の猫、お客さんにねだる小犬、チンチンを終えたところの小犬

カテゴリ:ペット・動物

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。