趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

一隅を照らす、これすなわち国宝なり 【最澄】

「一隅(いちぐう)を照らす、
これ則(すなわ)ち国宝なり」
という言葉をご存知でしょうか?

とっても有名な言葉ですね。
みなさんも、きっと、どこかで目にされたことが
あるのではないでしょうか。

比叡山を開かれた伝教大師・最澄(でんぎょうだいし
・さいちょう 767-822)様の著書『天台法華宗年分
学生式(てんだいほっけしゅうねんぶんがくしょうしき
=山家学生式)』より出典したものです。
 『山家学生式(さんげがくしょうしき)』は、
伝教大師が日本天台宗を開かれるに当たり、
人々を幸せへと導くために「一隅を照らす国宝的人材」
を養成したいと、熱意をこめて著述されたものです。

「それぞれの立場で精一杯努力する人はみんな、
何者にも代えがたい大事な国の宝だ」という意味です。

また、「一燈照隅 万燈照国(いっとうしょうぐう
ばんとうしょうこう)」なんて表現もあります。

これは、「一隅を照らす光が集まれば、
その光は国全体をも照らすことになる」ということ。

「国宝とは何物ぞ、宝とは道心(どうしん)なり」。
仏道を求める心で御仏におすがりし、
御仏の教えを実行する心、これを「道心」といいます。
御仏にすがる心をもって生活すれば、必ず正しい生活を
することができると諭されています。

「道心の中に衣食(えじき)あり 
衣食の中に道心なし」。
御仏の教えを実行して生活していると、何不自由なく
暮らすことができますが、自己のことばかりを考えて
生活していると、他人への思いやりの心、御仏を
信頼する心を忘れ、正しい人間生活を送ることが
できないということです。

 「径寸(けいすん)十枚これ国宝に非ず、一隅を
照らすこれ則ち国宝なり」。
「径寸」とは金銀財宝のことで、「一隅」とは
今あなたのいるその場所のことです。
 お金や財宝は国の宝ではなく、家庭や職場など、
自分自身が置かれたその場所で、精一杯努力し、
明るく光り輝くことのできる人こそ、何物にも
変えがたい貴い国の宝である。

一人ひとりがそれぞれの持ち場で全力を尽くすことに
よって、社会全体が明るく照らされていく。
自分のためばかりではなく、人の幸せ、人類みんなの
幸せ求めていこう。
「人の心の痛みがわかる人」
「人の喜びが素直に喜べる人」
「人に対して優しさや思いやりがもてる心豊かな人」
こそ国の宝である。そうおっしゃっています。
 
そして、そういう心豊かな人が集まれば、
明るい社会が実現します。
 「一隅を照らす運動」は、伝教大師のご精神を
現代に生かし、一人ひとりが自らの心を高めて
豊かな人間になり、明るい社会を築いていこうと
いうことを目的に、1969年より始まりました。

 あなたが、あなたの置かれている場所や立場で、
ベストを尽くして照らして下さい。
あなたが光れば、あなたのお隣も光ります。
町や社会が光ります。小さな光が集まって、
日本を、世界を、やがて地球を照らします。

 一隅を照らして下さいね。

カテゴリ:日常・住まい

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。