趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

青梅丘陵と「梅の内」再訪

 14日の報告。21日の下見で軍畑駅から石神前駅までの間、青梅丘陵を歩いた。昨年は4月に青梅丘陵を何度か歩いた。一般的には青梅丘陵というと、軍畑駅から雷電山を経て、青梅駅までだ。

 今回は軍畑駅から左に高水山方面に行く道と別れて進み、雷電山に登る。ここから辛垣山、名郷峠、送電鉄塔、ノスゾウ峠を経て、分岐から石神前駅方面に下る。今年はこの時期、登山道の整備をやっていた。大変、結構なのだが、山側の斜面を切り取るので山野草がなくなっていた。

 石神前駅に向かう下りの道は始めの部分が荒れている。下る人が少ないのだろう。駅前の信号に出て、そこから愛宕神社ほうめんい向かう。20分ほどで「梅の内」に出る。
「うめのうち」ではなくて「めのうち」と読むらしい。

 梅まつりの期間なのに客は少なかった、ラッキー。お手伝いの女性がいるのだから、当然、混む時期なのだろう。
座敷に上がり、この日は「そば豆腐」があった。そして「野菜天ぷら盛り合わせ」も頼みビール。どちらも美味かったが、リンゴの天ぷらは初めて食べた。

 セイロとかん酒。勘定のときに、21日の相談。祭日出し当然混むという。席は予約できないけど、蕎麦は予約で取っておいてくれるという。それじゃあ、13時過ぎに来ますね、ということでそばだけ予約した。

 写真は、スギの雄花、タネツケバナ、クロモジ冬芽(つぼみが4個見える)。

カテゴリ:スポーツ・アウトドア・レジャー

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。