趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

連載:酔狂ものの戯言

老いとは、本物が見えても来る嬉しさでしょうか《酔狂ものの戯言》

若さの勢いは大事ですが、今の老いる中で、如何に物事を知らなかったと思い知らされる日々です。

知っている事の少なさに恥じ入るだけですが、簡単に検索して得た情報も安易故に短期記憶。
知らぬ間に記憶のエリアに、存在しなく成ります。


そんな浅い記憶を、大事に何時でも取り出せるようにするのも実学という、実際に行き、目にし、関わったことでしょうか。

今の旅はそんな連続ですので、感動もドスッとこころに響きます。

そして、根付いた記憶に。


旅は観光地だけでは無く、興味の有る土地に、都市にとなります。

多くのものに興味を惹かれるのも、好奇心の間口が広がった為で、沢山楽しめるのも、老いた今だからでしょう。


まだまだ足腰確かで、疲れ知らず。
近眼ながら、老眼鏡要らずで、確実にファインダーのピント合わせが可能ですから。

だからこそマニュアルにも拘れる嬉しさです。
カメラに楽しみを奪われたく無いですから。


多少のガタは来ていても、まだまだ十分騙しながら走れそうです。

記憶力も落ちた気もしないのですが、それもそれで危ないとのことでしょう。
忘れたことを、忘れるなら!!


それでも粗忽さは、幾ら歳を重ねても快方に向かわないので、生傷は絶えません。

痛みに強いゆえに、イヤイヤ鈍いゆえに傷を負っても気付かない馬鹿者のようです。

致命傷にならなければ良いのですが・・・


何をしても楽しい今は、やはり人生の最高の輝きの中に居るからでしょう。

出来るだけ味わい深い思いの中に居たいものです。


写真は、もう一週間も経ってしまいましたが、宇都宮の豪商の蔵の中の嫁入り時の花嫁の鞍。

地震にも耐えた美しい波ガラス、そしてナマコ塀です。

素晴らしいものを感じる事の出来るのも、今の幸せでしょうか。


気負う事無く、力を上手に抜ける分、ゆったり楽しめるようです。


カテゴリ:旅行・お出かけ

コメント