趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

はれの国 岡山

8月10日(金)
 
  昨夜、新宿バスタブ21時40分発の夜行高速バスで岡山に着いたのが朝の7時半。すぐに桃太郎線で服部駅に向かいました。知人がお元気でおられるのか気になっていたからです。知人は出かけていてお孫さんが三人で留守番をしていました。ここまで来るのに駅から歩いて一時間ほどあり、途中解らない道がありましたが、通りがかかった郵便屋さんに道を聞くとすぐにわかり助かりました。この知人の家から車なら5分ほどの所にある国宝の国分寺を四季に渡って撮った写真を小さなアルバムにしたものをお孫さんに渡して駅へと戻りました。この後JR総社周りの清音駅に向かいました。7月初めの中国地方を襲った豪雨によって真備町はたいへんな被害を受けました。清音駅で幸いにも「被災復興絵自転車」という無料の自転車を借りて、高梁川沿いの土手を回って見学しました。倉敷市近くの総社市内の土手の内側にあるアルミニュウム工場が水害の影響で大爆発をし、隣近所の工場も壁面がものすごいことになっていました。また土手の向こうにある人家も水害がないのに。この工場の大爆発によって、屋根瓦、家の壁、窓ガラスなどが酷い状態になっておりました。また、なかには爆発に寄っての貰い火からでしょうか、火災が起こってしまったところもあったようです。工場は爆発のあった日から一か月以上もたっている今も後片付けのために大型トラックが現場に入っていました。真備町は県道沿いや横道を行ったりしましたが、道端には片付けられていいないゴミが
いっぱい残っていました。中には泥だらけの畳、オルガン、ピアノや歯医者で使う治療用のいすなど。また、農家で田圃や畑で使うトラクターや田植え機、耕運機などが沢山泥まみれになって空き地におかれていました。この後岡山駅へ向かいホテルにてチェックインしました。

写真の説明
 高梁川豪雨で倒れた樹々たち
 総社市内 大爆発した工場
 倉敷市真備町内 歯医者の治療椅子

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。