趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

日記 10/11

先月からの台風襲来やあちこちの小刻みな地震のニュースを聞きつつ、「 またかいな!」と眉間にしわを寄せてたらもう10月の上旬が終わってしもた。

こないだの三連休だけは夏日のように暑くお天気も良かったんやけど、雨も多いなぁ。

って事で、雨が降ると録画してため込んだTV番組をひたすら見るのだ。

秋の新作ドラマからドキュメンタリー、カルチャー関係からミュージックまで色々〜〜♩

ランダムに番組を見てたら、「 発達障害の親子が楽しめるカフェ」というのがあった。

中身はまだ見てへんからよくわからんけど、こういうカフェができたこと、またそれをメディアで当たり前に公開してることに驚いた。

特に最近のNHKと言ったら、タブーをタブーともせず何でもかんでも番組にしてる。

障害者による障害者のためのバラエティや、もろに性マイノリティーの当事者が出てきて堂々と語るもの。

去年亡くなったうちの母親が見てたら、泡吹いてひっくりかえってまうやろなぁ (^○^) ギャハハ

私の次男坊は見た目では障害者とはわからない。障害者手帳も貰ってない。

肉体的な障害とか明らかな知的障害者なら直ぐにわかってしまうけど、うちの場合は軽度の学習障害と情緒障害と自閉症やったから、パッと見ではわからへん。

母は自分の孫が障害者だと知らずに逝った。
言えば、我が孫に対していらぬ心配をしたり近所に対して、「人様に笑われる」お体裁小言が止まらない。

平成がスタートした頃は今ほど障害者は多くはなかったような気がする。学校の中でもそんなにたくさんいなかったから「 仲良しクラス 」とか「 特殊学級 」とか言うのがあって別クラスで教室があった。

平成がまもなくおわる今、発達障害と診断された子がクラスに何人もいるところがあるらしい。

そう、数の問題!
健常者と障害者の割合が比率が顕著に変化してきた。

昔は数が少なかったから、物珍しく見られ時には差別にもつながる言動もあった。

カフェやTV番組どころやない。親自身が我が子の障害をひたすら隠して気がつかないふりをする人もいた。

物珍しくもなくなるほど障害者が増えた理由は何なんやろ?
私の個人的な意見なのでありますが、やはり晩婚による高齢出産も何かしらあるのとちゃうやろか。

私が独身の頃は卵子の成熟度は25〜28歳がピークで、あとはどんどんと質が落ちるって聞いたような

絶対にそれが原因であると証明された訳やない。でもちらっと偉い先生から世間話として聞いたよ。

学の無いもんが偉そうなこと言えんけど、自分の人生を構築する時には、子供はいらんとかまだ先でええとか言わんと、若いうちに産んで育てて欲しい。

カテゴリ:日常・住まい

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。