趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

岐阜混声合唱団演奏会

昨日は、友人の弟さんが岐阜混声合唱団演奏会に出演されると言うので、サラマンカホールに向かいました。もう22回目。設立は昭和27年といいますから、もう60年以上の歴史があります。3ステージありましたが、3度の衣装換え。メンバーは殆ど年配の男女ですが、華やかな衣装がすてきでした。まほろばに始まり、薬師丸ひろ子の世界に終わりました。アンコール曲の薬師丸ひろ子の続きを歌われている最中に非常ベルが誤作動し、驚きましたが、指揮者もそのまま続けられたのは素晴らしいです。この日は杉原千畝氏の四男の伸生氏の講演会が美濃市のお寺で開催され、そちらの誘いも受けていたのですが、先約のコンサートのチケットを頂いていたこともありましたので・・・

 杉原千畝記念館は、八百津町にありますが、生誕地は美濃市。その地で、生誕記念案内板が建立され、昨日は除幕式でした。参加された人の話によれば、伸生氏は、千畝氏のご子さんで唯一生き残られている人。ベルギー在住で、千畝氏の遺志でNPOの活動をされています。奥様はベルギー人。昭和24年生まれで、昭和43年にイスラエルのヘブライ大学に留学されていました。講演会もよかったそうです。伸生氏は、その前日は千畝氏の御出身の愛知県の瑞陵高校で講演会もされていることをテレビで知りました。その後早大に進まれ、外務省へ。リトアニアに派遣され、ユダヤ人の多くの命を救わたことはよく知られています。

カテゴリ:アート・文化

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。