趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

連載:動物

平城山の犬

わが街は奈良山の北端で、平城山は歌枕です。

 私はよく奈良山の万葉の小径をたどり、押熊へ出か
けます。押熊には平城京の瓦を焼いた窯跡が散在しま
す。

 万葉の小径に入る手前の民家で、けたたましく吠え
る犬がいました。

 番犬としては優秀なのでしょうが、気持ちのよいも
のではありません。私はいいました。

「吠えるのは良いが、通行人の顔を覚えたらどうかね。
通るたびに吠えるなんて、お前はバカじゃないの」

 ところがどうでしょう。次回から吠えなくなったの
です。言葉が分るのでしょうか。

 私の飼い猫は、庭の書庫が好きでした。書庫は、「
まねき」という簡易ハウスを利用したものでした。

「まねきに行こうか」と猫に声をかけると、咽喉を鳴
らして玄関へ飛んで行きます。

 今は、インコを飼っていますが、テーブルで遊ばせ
ながら、「回って、回って」というと、左回りにくる
っと回ります。

 平城山の犬、そして飼い猫とインコ、人間の言葉を
理解かするのが面白いですね。

 これがペットを買う醍醐味なのでしょうか。

(飼い猫)

カテゴリ:日常・住まい

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。