趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

百舌鳥・古市古墳群を世界遺産登録

 昨日朝刊に「百舌鳥・古市古墳群を世界遺産登録 ユネスコ 自然遺産含め23件目」が載る。

 アゼルバイジャンで開催中の国連教育科学文化機関ユネスコの世界遺産委員会は6日日本が推薦の「百舌鳥・古市古墳群」大阪府を世界文化遺産に登録を決めた。日本の世界文化遺産の登録は7年連続で19件目、自然遺産も含めた世界遺産は23件目。
 古墳群は、古墳時代最盛期(4世紀後半-5世紀後半)に、当時の政治文化中心地1つだった大阪府南部地域に築かれ、墳形も規模も多様なのが特徴だ。
 墳墓は世界最大級の全長486mを誇る前方後円墳大山古墳(仁徳天皇陵)など堺市百舌鳥地域23基。
▽全長425m誉田御廟山古墳(応神天皇陵)など羽曳野市古市地域26基の計49基。
 古墳群は大陸結ぶ航路の発着地の大阪湾に接する平野上に築造され、内外に王権強大さ誇示狙いあった。49基中の29基は歴代天皇・皇后墓で宮内庁管理陵墓で一般人立入が禁じられ学術的調査も制限される。政府推薦書で大山古墳は「仁徳天皇陵古墳」、誉田御廟山古墳は「応神天皇陵古墳」などなるが、被葬者が学術的に不確定として、考古学・歴史学の専門家から地名に基づく名称で呼ぶべき指摘もある。
 古墳群巡り、世界遺産の登録の可否事前に審査ユネスコの諮問機関のイコモスが今年5月、「傑出した古墳時代の埋葬の伝統と社会政治的構造を証明し、普遍的な価値がある」として「登録が適当」と勧告した。
◇百舌鳥・古市古墳群
 大阪府堺市の百舌鳥古墳群と、大阪府羽曳野市、同府藤井寺市の古市古墳群で構成。4世紀後半~5世紀後半(*1)に造られた前方後円墳や円墳、方墳など大小さまざまな古墳89基現存。世界文化遺産候補の構成資産としては、5世紀後半までの保存状態良い49基が選ばれた。
*世界遺産;1972年の国連教育科学文化機関ユネスコ総会で採択された世界遺産条約に基づき普遍的な価値がある遺跡や歴史的建造物、自然環境を人類全体の財産として保護する制度。2018年7月時点で文化遺産845件・自然遺産209件・複合遺産38件の計1092件が登録。
[以上]

 本件2度めだが古市古墳群は,崇神朝のヒコ(日子=彦)皇系墳墓、応神のワケ(和気=別)朝系の百舌鳥古墳群と2系に識別できる日本史万世一系だ。前者は出雲と結び付き強く、後者は宗像から任那・百済と結び付き強く、この頃から朝鮮と大和政権は密着して、新羅・高句麗とは敵対あった歴史的流れがある。
この歴史的にみれば、朝鮮は北は狩猟民族要素あり、南半分農耕的色彩が強く、今の分断や南北区分も中国絡み歴史の必然流れに見えてくる。
日本はオリジナル民族に、朝鮮半島から流れくる棄流民の安住終着地理に位置する瑞穂の地だ。

朝鮮は
一国時代
民族の
時代の長さ
極めて少し

日本とは
雑多民族
融合し
言語融合
柔軟変化

日本語は
言語積層
融合し
日本独特
文化連動

感謝の意
お礼の意 とは
同義なり
中国・インド
二つ源流
(レイはドラビタ語から、感謝は中国語から日本語に咀嚼国産化→朝鮮はカムサ・ハムニダ=感謝ハムニダ)

広東は
カムシャ発音
感謝なり
カムサハムニダ
朝鮮感謝

もし古墳
発掘調査
可能なら
天皇ルーツ
明らか明示
(天皇系の源流が明らかにできる→高句麗系韃袒族とか;韃袒蕎麦は未だ言語に残る❗…扶余系民族要素)

海彦と
山彦神話
伊達でない
日本成り立ち
ルーツを語る
(海は黒潮ドラビタ語文化・山は騎馬民族大陸文化)

<古市・百舌鳥古墳群から見えてくる日本の成り立ち考>


*1;4世紀後半~5世紀後半の史実
◎第Ⅰ期
*364年百済倭国に外交関係求める…壱与
*369年;高句麗王斯由南下、百済肖古王抗戦371年に戦死。
*372年肖古王楽浪太守に…367年百済が倭国に使節を派遣と神功皇后紀にある。⇒370年頃騎馬民族説
*372年;肖古27年は紀52年百済使節による七枝刀朝貢⇒記応仁天皇条に、百済照古王が馬・刀・鏡献上記述あり。
⇒369年日本書記神功紀52年9月丙子条百済の久氏らが千熊長彦従え宝物献上七枝刀1口
・奈良石上神宮七支刀銘=泰和4年=369年百済王近肖古王と世子貴須造
*382年;神功皇后が襲津彦を新羅へ派遣また百済記に沙至比跨の派遣
*385年;高句麗談徳南進、百済漢水以北奪る。
◎第Ⅱ期
*391年;百済王家簒奪阿花王即位。
・辛卯391年倭国は新羅進攻破った。
・高句麗は好太王即位。
(*392年新羅実聖を高句麗に入質)
(*414年;偉業称える高句麗広開土王陵碑文建立)⇒倭国との衝突は朝鮮弁辰地方の鉄資源
*396年;好太王が百済に大進撃、百済王城陥落阿華王高句麗に服属。)
*397年百済阿華王は太子腆子を倭国へ入質…倭王権に軍事援助要請目的
*399年広開土王阿華の倭国通じを責めて、丸都から平壌に南下、新羅奈勿王から倭に占領を告げられる。
*400年;高句麗新羅へ歩兵騎兵大軍派遣し倭軍撃退。
*401年;倭軍帯方境界迄進攻、好太王軍に破れる(倭軍潰敗・新羅は高句麗に臣従)…当事加羅安羅(咸安)と倭国密接。
(*401年人質実聖高句麗から新羅に帰国)
*402年奈勿死して実聖王に、倭国と講和し未斯欣を人質に倭へ送る
*403年百済阿華王倭国使者手厚く迎える。
*404年倭軍高句麗下の帯方界侵入、高句麗倭軍撃破。
*405年百済阿華王死倭国人質腆支帰国し王に
(*407年高句麗は百済攻め1万甲冑得る勝利)
(*410年高句麗東扶余服属へ)
⇒(396年)・400年・404年・(407年)の倭軍の高句麗に敗退は王権墓が奈良市佐紀盾から河内の古市・百舌鳥古墳に移動し西日本首長に王権が近づいた。倭王権は高句麗を主敵とし、百済・新羅・加耶支配軍事外交主体となる。
*413年~502年;倭国王は東晋→宋→梁に13回遺使朝貢
*409年;倭国より百済腆支王に珠類送る。
*413年倭国・高句麗が東晋に朝貢[晋書義熙9年][太平御覧巻981]
*418年;倭国より百済へ白綿貢上[三国史記]
⇒多数朝鮮から渡来し帰化氏族に…秦人・漢人
・応仁紀→秦祖弓月君人夫百二十県率い帰化。
・〃→倭漢直祖阿知使主党類十七県率い来帰
(*420年宋建国)
◎第Ⅲa期倭五王讃・珍
(420年東晋劉裕が宋建国、420年高句麗・百済遣使冊封)
*421年倭王讃遣使除受→安東将軍⁉と司馬曹達を
*425年倭王賛司馬曹達派遣…伴に使部の身狭村主青檜隈民使博徳
*430年倭王讃遣使方物献上
(*427年高句麗丸都から平壌に遷都→百済勃興
・弁辰の鉄…倭の供給基地に→大加耶)
*428年倭国使従50人百済へ[使済紀]
*429年百済木羅斤資将軍と倭国沙沙奴踞率精兵は新羅破り南部大加耶保全。
*430年倭王讃宋へ遣使
(*433年百済が新羅に和親求め関係深める→新羅は高句麗から百済と同盟へ)
*438年倭讃死後弟珍宋へ遣使安東将軍倭国王に三品下位、倭王以外の隋以下13人の王族&首長に三品下位平西・征虜・冠軍・輔国将軍を認めている。高句麗・百済王には三品上位鎮東将軍→倭国王は未だ朝鮮の下位で、倭内は未だ差がない。[宋書]
*4xx年中葉岡山月ノ輪古墳鉄器鍛鉄山陽赤目砂鉄
*発未の8月大王と弟王がおしさかの宮にあった時、斯麻が長寿念じてかわちの直と他2人で鏡を作った→允恭443年(か仁賢503年)と大草香皇子説=宋書倭王済と符号。
(*439年北魏統一)
*442年神功紀62年大伽耶巡り百済と倭の戦い…沙至比跨が加羅を攻撃、新羅攻撃も美女2人を贈られ大伽耶を攻めた。百済に亡命《一方王族け殿至は倭国王に次第を訴え、倭国王は大伽耶を彼に復興させた。》…大伽耶の木羅斤資は百済援助で沙至彦の倭を追い出した⇔倭と百済の一時的破綻→倭の王権が讚珍から傍系済=允恭が継承→日本書紀に例外的親新羅記述→王権含む新たな展開。
*5世紀前半…応神16年百済から王仁が外来文筆;河内文氏・東文直・西文首←
◎第Ⅲb期済・興・武
443年~478年
*442年倭外交戦略挫折…大加耶廻り外戚葛城沙至比コ=襲津彦が百済木羅斤資に破れた、允恭王位継承
*443年倭国王済宗へ遣使→継承を意図か
*446年?允恭3年新羅から良医招き治療健康回復
*448年允恭5年7月襲津彦の孫玉田宿祢が反正殯怠り殺される
*451年済宗へ遣使使持節・都督倭新羅任那秦韓慕韓六国諸軍事・安東将軍に、配下23人にも軍号を。7月に安東大将軍叙…倭の冊封体制倭内秩序整備意図
*457年雄略5年2月手負い猪で樹上に逃げた舎人処分を后諫言で思いとどまる。
(*457年458年百済蓋鹵王宋へ遣使)
*459年雄略紀7年吉備弟君ら今来の才伎を百済から徴収。東漢直に命じ漢陶部・鞍部・錦部定安那錦・画部を河内や高市に設定。
*459年雄略7年7月三諸山大物主神と交流は失敗、斎戒しなかったから
*459年雄略7年8月吉備下道臣前津屋の乱;雄略舎人吉備弓削部虚空帰郷し前津屋は自元留め置く。雄略は身毛君大夫派遣連れ戻し、曰雄鶏を雄略に見立て毛抜き翼切り雄鶏が勝つと殺したと報告。雄略は物部30人派遣し前津屋ら130人を殺した。虚空は武器制作者の弓削部長で中小首長で大首長前津屋と対立し密告した。佐山古墳被葬者は百舌鳥を意識し対抗権威を誇示した。ここに大と中小対立し吉備社会解体が萌芽した。
*459年雄略7年日本書記吉備上道臣田狭反乱;田狭は宮廷で妻稚媛を自慢。雄略は田狭を任那国司に任じ①稚媛を奪う。知った田狭は任那から対立者新羅に入り、雄略は稚媛田狭の子弟君と吉備海部直赤尾に新羅攻撃命令。かつ弟君には百済技術者招来任務付加さる。②大嶋滞留弟君に田狭使者雄略に対抗を、だが妻樟媛は夫殺し、雄略迎えで赤尾と③百済技術者を連れ帰る。⇒葛城と吉備連合は仁徳・履仲派で田狭の妻は襲津彦の子玉田宿祢の娘毛媛、雄略は田狭を殺し毛媛を奪った。
*459年雄略7年是歳百済から渡来→新漢陶部高貴・鞍部賢貴・画部因斯羅・錦部定安那錦・漢手人部・衣縫部・宍人部…東漢直掬に命じ大和高市郡に移住さす
*460年雄略紀8年2月高句麗に攻められた新羅が任那王に助け求め、任那王宮が膳臣斑鳩・吉備臣小梨・難波吉士赤目子に救援に向かわせた。膳臣活躍で高句麗破る→481年?。
*460年雄略紀8年身狭村主檜隈民使博徳を呉に派遣、呉から漢織・呉織・衣縫の兄媛弟伴い帰国
*461年百済王弟昆支倭国へ質
(*463年高句麗王宋に開府儀三司に)
*464年雄略12年10月木工闘ゲ御田への疑念を秦酒公の歌で解いた。
*466年雄略14年百済呉の技術者を高市郡に設定。
*467年雄略15年秦造酒に諸国分散秦氏を統括
*468年雄略16年10月漢部を束ね漢使主にカバネ直を与える
△*471年辛亥7月鉄剣行田市稲荷山古墳…ワカタケル銘→武;オオヒコ=阿倍臣か膳臣彦→宿祢→別け→別け→別け→ハテヒ→カサハヨ→ヲワケ;代々首杖刀人
△玉名菊水江田船山古墳62m75文字;典曹人无利弖ムリテ;石人石馬、書き手張安→岩戸山132m筑紫の君磐井へ
(*472年百済は北魏孝文帝へ入;高句麗の不義へ助兵へ)
(*475年高句麗大挙百済攻め漢城陥落・蓋鹵王死8,000人捕虜。公州熊津遷都し文周王→三斤王も死倭国の昆支を東城王となる。)
*465年雄略13年8月播磨国文石小麻呂反乱;献納交通邪魔、春日小野臣大樹敢死士300人
*466年雄略14年4月根使主小根反乱;旧悪露見茅淳県主平定、呉から漢織・呉織・衣縫来日
*470年雄略18年伊勢朝日郎反乱;物部莵代宿禰物部目連筑紫聞物部大斧手が鎮圧
*475年雄略23年4月三斤王死昆支王に軍500つけ衞送、同年筑紫安致臣・馬飼臣ら船師率いて高句麗と戦う。…百済救援
*475年雄略23年8月蝦夷雄略の死を聞いて反乱;吉備臣尾代鎮圧
**478年5月倭王武は宋に再上奏文高句麗の無道;高句麗との交戦意志伝え、使持節・都督倭百済新羅加羅秦韓慕韓七国諸軍事・安東大将軍と。[宋書夷蛮伝]⇒治天下大王のイデオロギーへ;氏カバネ制・伴造部制・国造制・屯倉制へ
(*479年加羅王荷知宋→南斉に遣使輔国将軍に…唯一記述)
⇒馬飼氏族は河内に集中・河内飼部…履仲紀・河内馬飼首荒籠…継体紀・河内馬飼首御狩…欽明・河内馬飼首押勝…欽明・河内馬飼首歌依…欽明紀・河内馬飼首造…天武紀・菟野馬飼造…天武紀(*479年南斉建国)
◎479年-506年
倭王武遣史から継体即位
*479年南斉に遣史
(*481年高句麗靺鞨と新羅に侵入も百済加耶共に破る→加耶が膳臣ら応援得て新羅助け?)
(*484年新羅高句麗を母山城で破る)
(*494年高句麗新羅へ百済応援で敗退)
(495年高句麗新羅に百済応援で敗退)
(*502年梁建国)

カテゴリ:アート・文化

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。