趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

所詮レンズの世界も金次第か!? ULTRON 35mm 1/2

先日うっかり、では無く一大決心で買ってしまった広角レンズのネオクラシックバージョンです。
フォクトレンダーが、ネオクラシック版の第二弾の広角レンズです。
一弾目の50mmは、沢山明るいレンズもお気に入りも有るので必要なしです。

ウルトロン35mm、f1.7のライカマウントですので、廉価版の国産の本格レンズとも言えます。


ライカ製と比べればとのことでの廉価版ですが、国産とすれば立派なお値段。
さらに電子接点を持たない本格的クラシックのマニュアル版です。

スムーズで癖の無い、ピントの山もストロークが十分な分掴み易いものです。

多少絞っても猛烈なボケ加減は、流石に高級レンズの味わいです。
やはり金次第か? 何て思わせるレンズでしょうか。


高価なライカカメラにレンズの組み合わせなら、自在に素晴らしい絵が描けて当然の世界のような気さえします。

今日の試写の場所は、都内の反対側の東の地の両国でしたが、乗り換えの中延駅で、ツイ昭和のレトロ商店街で試写を始めてしまいました。


まずは定番の広角レンズでのお試しアングルでしたが、3段階から4段階と絞り込んでも、ボケ加減はかなり強烈のようです。

もう一歩、二歩と絞り込んで、背景との上手なマッチングを探せるゆとりがありそうです。

流石に値段相応の実力者とも言えそうですし、やはりこの世は金次第?とは思いたくも無いのですが、一歩先には存在を否定出来ないものが存在する様です。


切ないですが、高い優秀なレンズは、良く写りますし、奥が深いようです。

漸く様々な長さのレンズが、揃ったとも言えそうです。

時折、仕舞い込んでいたレンズも連れ出して、かつてのテイストも味わいながらの贅沢な日々になりそうです。

今日は、こいつがメインで!! と。


趣味とは、拘る程に美味のようです!!


カテゴリ:旅行・お出かけ

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。