趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

おとなの文章(日記)> 井上ひさし


順序よく書くのは、小学生。
「朝、起きました。顔を洗いました。ご飯を~~~」。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ケチつけばかり会員(Aブロック済)の閲覧防止ネット
---------------------------------------------------------------------------

大人の文章は、「ことが終わったところから書く」(井上ひさし)。

その「日本語の神さま」の教えをうけて、わたしもトライ。
「今朝の食卓の上にある好物の卵焼きが、目に飛び込んできた。黄、白の色がわたしを誘い、口からは生つばおびき出す。そして連想するは幼き頃の白い卵-母の実家の壁にはりついた鶏小屋でみる湯気立つような産みたて卵。だからわたしには、白い卵が幸せ心と結びつく。そして健康ふんいきあふれた家族の幸せ顔をながめつつ、わたしの心は朝から~~~」。


書いてはいけない小学生文も「力作」した。

例1「オランダへの旅」。
「朝6時おきで家を出て、バス停に向かい、X駅から新宿駅まで電車に乗り、駅の改札口を出て友達を待つ。10分後に現れた友人とA空港に行き、ヨーロッパへと旅立った。飛行機のることL時間で、A空港についた。そこから~~~」。

例2「薬剤実験と実習生」。
「長い廊下を歩く。そして、物理学教室に入る。今日の実験に備えて、さまざまな実験材料ををケースから取り出し、実験台の上にてきぱきとならべる。今日の実験は、マウスを使い、薬剤Aと薬剤Bの比較実験だ。まず、~~~」。

例3「友の作り方」。
「友人といっしょにいつも学校にゆきます。この友人と知り合ったのは小学6年のときで、中学生になった今でも同じ道を2人で歩いていきます。やがて学校に着きました。残念ながらクラスは別で、彼はA組、わたしはC組。~~~~」。


われながら、「なにを言いたいのか分かりにくい駄文」を書くのがうまい-なに、かんたんだ。しろうとプログにわんさかさあるのを真似ただけ。

さていい文章はとなると、日本語はむずかしい。
書き出しに腕みせるは有名な小説家の文章。

 「四里の道は長かった。その間に青縞《あおじま》の市《いち》のたつ羽生《はにゅう》の町があった。田圃《たんぼ》にはげんげが咲き、豪家《ごうか》の垣からは八重桜が散りこぼれた。赤い蹴出《けだ》しを出した田舎《いなか》の姐《ねえ》さんがおりおり通った」。
『田舎教師』田山花袋

 「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった」。
『雪国』川端康成


書き出しで分かる文章のよさ。

カテゴリ:語学・国際交流・社会貢献

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。