趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

過去・現在・未来を歩いてハートを見つけた、立山

9月13日~14日 晴れときどき曇り

初日
 浄土山(2831m)~龍王岳(2669m百高山)

二日目
雄山(3003m日本三霊山)~大汝山(3015m百名山・百高山)
~富士ノ折立(2999m)~真砂岳(2861m)~別山(2880m百高山)

先月、爺が岳と鹿島槍ヶ岳に登った際に立山を見て、近いうち
に登りたいと思った事と、今まで泊りは山小屋でしたが今年テントを購入しテン泊デビューに雷鳥沢が最適(歩く距離が短い)だった事で立山に行ってきました。

立山三山は立山信仰で浄土山(過去)・雄山(現在)・別山
(未来)
過去を振り返り、現世のあるべき姿を知る、未来の魂のゆく末
を見る。過去・現在・未来という三界の時空を一日でめぐる事
を「三山駆け、極楽禅定」だそうです。(遊行紀行 引用)

扇沢~室堂~雷鳥沢キャンプ場
 扇沢無料駐車場は金曜日5時半でほぼ満車、平日割WEBきっぷ
 を購入していたので扇沢駅きっぷ売り場の引換窓口で切符に
 交換(当日きっぷ購入で並んでいる人数より引換窓口の方が
 はるかに少ない)
 室堂から雷鳥沢キャンプ場までは約1時間(標準時間)コン
 クリートで固められた石畳の下り登りの坂、ミクリガ池では
 運よく逆さ立山が水面に映し出されていました。
 雷鳥荘からの長い坂はこの後に数往復する事に・・・ 
 平日なのでテントはまばら、管理棟で500円/日を支払い、
 テント設営、数回のミスは有ったものの簡単にテント設営
 できました。

雷鳥沢キャンプ場~浄土山~龍王岳~一ノ越~室堂ターミナル
~雷鳥沢キャンプ場
 雷鳥沢キャンプ場から浄土山入口まではコンクリートで固め
 られた石畳、入口からは岩場ガレ場の急登となり更にガスが
 上がってきて回り真っ白。
 登り切って緩やかな坂となりそろそろ浄土山のはずが何の表
 示もあいません、ヤマップで確認したら通りすぎてました、
 戻ってみると頂上らしき所にケルンがありました。
 ガスがとれて先に富山大学立山研究所とその奥に龍王岳が見
 えます。
 富山大学立山研究所から五色ヶ原へ向かう道に進み数分で、
 龍王岳の登り口、表示もなく地図にも登山道記載ありません、
 あまり知られてない様で頂上にはご年配の女性お一人、写
 真を撮りあっこしました。
 下山し一ノ越方面に向かいます、ここで雷鳥さん二匹と遭遇
 ここ最近、北アルプスでは雷鳥さんが姿をみせてくれます。
 一ノ越から室堂ターミナルまではコンクリートで固められた
 石畳、室堂ターミナル前の玉殿湧水で水をプラティパスに入
 れました(雷鳥沢キャンプ場の水は消毒してあるものの煮沸
 して使用との事なので)
 さらに進んでみくりが温泉の自動販売機でビールと酎ハイを
 購入、雷鳥沢キャンプ場に下って行きます。
 
雷鳥沢キャンプ場テン泊
 ビールを飲んで一休みして夕食をとります、いつもはアルフ
 ァー米を食べますが今回は全てフリーズドライを持ってきま
 した。
 トマトとチーズのリゾット、3種類のクリームチーズパスタ
 良い点は上手い、軽い、早いです欠点は量が少ない。
 でもこれからはフリーズドライ食品で決まり。
 ホットウィスキーを飲みながら、お隣の大阪からみえた68歳
 の男性と山談義。
 雷鳥沢キャンプ場からは立山三山が扇の様に見え、アーベン
 トロートとなって行きます。
 テントに入って就寝しようとしましたが外が明るい、綺麗な
 満月です。
 星が綺麗と思いデジイチと三脚を持ってきましたが満月が明
 るいので今回はそのまま就寝。
 このキャンプ場はとてもいい~~~~^^
 朝寝すぎました、4時出発が4時半起き^^;
 朝食はフリーズドライの鮭雑炊とみそ汁、これも美味しい。

雷鳥沢キャンプ場~一ノ越~雄山
 周囲の山のモルゲンロートを見ながら一ノ越まで登ります、
 コンクリートで固められた石畳は下が固いので足にきます、
 一ノ越から雄山に向けては急登のガレ場ですが眺望が良い
 ので楽しい。
 頂上からは槍ヶ岳を始め、先月登った爺が岳と鹿島槍ヶ岳
 、そして富士山、さらに白山まで見えます。
 秋空で遠くまで見渡せ最高の眺望です。 
 500円を払って雄山神社でお祓いを受けました、お神酒も
 いただきこれが美味かった。
 神主のを話しで雄山神社にある石は昔から麓から石に願い
 事を書いてここに置いて行ったものだそうで、登られる方
 は麓から石を持ってきて下さいとの事でした。

大汝山~富士ノ折~真砂岳~別山南峰・北峰
 2800mの尾根歩きはとても眺望がよく気持ちよく歩けます
 立山連峰、北アルプスの峰々を見ながら、又は黒部湖や浄
 土沢、地獄谷も絶景。
 別山北峰に着くと劔岳ドーーーと目の前にせまってきます。
 更に別山乗越、槍御前小舎下にハートの雪渓が残ってまし
 た。

別山乗越、槍御前小舎~雷鳥沢キャンプ場~室堂~扇沢駅
 別山乗越から長い下りとなり剱岳に登られる多くの方と
 すれ違います。
 テントを撤収し室堂までの階段を登ってゆきますが、帰り
 のこの坂はきつい。

今回の立山は日本三霊山だけあって、浮世離れした眺望と
雰囲気があり心洗われた登山になりました。

https://yamap.com/activities/4526946

カテゴリ:スポーツ・アウトドア・レジャー

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。