趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

蓼科山365日 9-17-19 豆腐考

今朝は気温が一気に14度に下がり、少々寒いくらいです。ストーブが恋しくなってきました。

冷や奴で食べていた豆腐は、少々寒くなり湯豆腐の方が
美味しく食べれる季節になってきました。

栄養価も高くヘルシーな食べ物ですが、たんぱく質、
カルシウム、カリウムなどが豊富で色々な食べ方があるようです。

1. 絹ごし豆腐は冷や奴、湯豆腐、汁の実など
2. 木綿豆腐はチャンプルーや豆腐ステーキなど
3. 焼き豆腐はすき焼き
4. おぼろ豆腐は冷や奴
5. おからは炒りおからなど

ところが、一般に関東は木綿、関西は絹ごしという。
東西で嗜好の違いがあるようです。

江戸風俗百科事典には「京阪柔らかにして色白く味美味なり。江戸は堅くて色潔白ならず味劣れり」とあるようですが、現在は如何か?個人の好みの違いでしょう。

もともと、京阪の豆腐文化は京都を中心にでき上がったもの。公家と僧侶が担った雅の文化と、武士と職人と商人が
作りあげた簡素な文化の違いが生んだもの。

豆腐のルーツは中国で前漢の初代皇帝の孫の淮南王劉安(BC120頃)が寿春で配下に作らせた説。

日本には奈良時代なのか平安時代なのか不明で、花開いたのは鎌倉時代~室町時代で、江戸の元禄期には「色染豆腐」が出現しらたらしい。

豆腐は腐っていないのになぜ腐った豆と書くのだろうか?どちらかと言えば納豆の方が腐った豆にピッタリの名前
と思えます。

「腐」とは誰しもが抱くように、腐るイメージや、鮮度がなくなって傷んでいる様を表す漢字に捉えられます。

しかし、それ以外の意味として、「ぶよぶよと柔らかい」や「塊」を意味する漢字でもあるのです。

このことから、豆が腐って出来る食べ物ではなく、豆を材料とした柔らかく固めた食べ物であるということが分かります。

漱石の「夢十夜」のなかの「第八夜」に;

「豆腐屋が喇叭(らっぱ)を吹いて通った。喇叭を口へあてがっているんで、頬ほっぺたが蜂はちに螫さされたように膨ふくれていた。膨れたまんまで通り越したものだから、気がかりでたまらない。生涯蜂に螫されているように思う。」

私の子供の頃には自転車に乗って、ラッパを吹きながら
豆腐を売りに来ていたが、いつの間にか見られなくなって
スーパーで売られるようになってしまった.....。



森の人

カテゴリ:グルメ・料理

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。