趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

赤坂見付駅から飯田橋駅まで歩く 前編

先日、「江戸城を歩く」を携帯して虎ノ門から東京駅まで歩き、その状況は既に投稿した。9月17日好天に誘われて掲題の赤坂見附駅から飯田橋駅まで歩いた。今回も「江戸城を歩く」を参考にして携帯した。

今回は外堀が良く残り、全体が国指定の史跡になっている核心部分を歩いた。東京メトロ銀座線赤坂見附駅A出口から右、青山通りの坂を登った。最初の歩道橋で青山通りを渡るのだが、その前に歩道橋の先に石垣があり、その上には衆議院議長公邸である。ここは江戸時代松江藩の上屋敷だった。門近くに見事な切込ハギが見られた。

歩道橋を渡るとすぐ右前方に巨大な石垣の壁が聳えている。この大きな石垣は江戸城外堀赤坂門脇の石垣だ。外堀、弁慶堀にたちはだかっていたのだ。登りきり、左の諏訪坂に入る。現在「赤坂プリンス クラシック」になっている李王家邸が見事だ。

ガーデンテラス紀尾井町には弁慶堀に降りる出入り口がある。但し通行は午前10時だ。ここからは城の高石垣が真正面からしかも間近で眺められる。滅多にない場所だ。石垣工事を担当した福岡藩黒田家の刻印まで見えた。この地は和歌山藩徳川家屋敷跡である。石柱が建っている。近くの弁慶橋に背を向けて清水谷方面へ歩けば、すぐ横断歩道だ。大久保利通が明治11年暗殺されたのはこの横断歩道付近だがそれを示すものは何もない。先の清水谷公園には彼の巨大な慰霊碑がある。

反対側にホテルニューオオタニがある。ここの日本庭園は実に見事なので立ち寄った。ガーデンプール方面に進むと「近江彦根藩井伊家屋敷跡」の石柱が眼にとまった。この近くが江戸城外堀の出入り口で唯一城門のない「喰違見附」である。

ここで外堀土塁の遊歩道を歩いた。左は外堀、右は上智大学の四谷キャンパスだ。「尾張名古屋藩屋敷跡」の碑があった。ガーデンテラスは紀州家、ニューオオタニは彦根家、そうしてここは尾張家だったのだ。それぞれの頭文字をとって、江戸時代にニューオオタニ前の坂が「紀尾井坂」と名付けられたのだ。

これから土塁上を四谷駅、市ヶ谷駅、そうして飯田橋駅を目指して歩くのだ。

写真左:李王家邸
写真右上:大久保利通慰霊碑
写真右下:迎賓館東門(紀州徳川家中屋敷表門)

https://smcb.jp/albums/3825443

カテゴリ:旅行・お出かけ

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。