趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

大きな賭けーー成功すれば地位は不動、失敗すれば酷評

ロンドンの秋は早い

8月初めのある日
冷えこんだ早朝、めずらしく

チッチリッ~チ~~
高原のテノールといわれるアオジの
鳴き声がきこえる・・・

スコットランド、エディンバラで
よく聴いたなつかしい声...

その泣き声にのって遠くから
かすかだが聞き覚えのある声が
きこえた・・・

『ナオ、君はどんな曲だって
弾ける

いつかきっと...

いま泣いてるね

ああ、いくらでもお泣き

その涙は名演をつくりあげる

魔法の水だから・・・』

天国から降ってきた
やさしいアンディの笑顔の視線は

ナオのなかにあった
不屈の闘争心に火をつけた。。。

その結果が試されるときが近づいていた

オーストリアで毎年開かれる
世界一の音楽の祭典

ザルツブルク音楽祭

音楽オリンピックの舞台に
特別招待されたのだ

しかもその年は
ブラームスの生誕160年を祝う
一大イベント

ブラームスの最高傑作といわれる
交響曲第1番
ヴァイオリン協奏曲ニ長調

2曲は最終日に
当代一の指揮者
ハヴィエル・ダーニング

コンセルトヘボウ管弦楽団

成功すればヴァイオリニストの
地位は不動のものに

失敗すれば再起できないほどの
酷評をあびる...

大きな賭けでもあった。。。

ザルツブルクの最終日を飾った
ブラームス交響曲1番ハ短調

ヴァイオリン協奏曲ニ長調は

その年の最優秀演奏に選ばれた...

うれしさよりもほっとした
安らいだ気持ちで帰宅したナオを
待っていたのは

アメリカからの1通の手紙だったーーー

カテゴリ:アート・文化

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。