趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

神宮寺敬(99歳)の投稿文の一部(3)

「一行詩」第72号(2013年3月)
富士山は登るためにあるのではなくて 見るためにあるのですよ!

大雪 都会は被害を騒ぐ 農民は今年の田の水は心配ないと天の恵みに感謝するよ

国民の幸せ=二度と戦争をしない事だよ!

*植松正幸
僕65歳、文学館、美術館ほか 無料ですべて観ること出来たよ!

第73号(2013年5月)

オスプレイ 押しても引いても置いていくよ

リニアなら袖の下から乗車券だよ

公聴会 やりましただけの猿芝居

墓掃除いずれは二人は この下で

*植松正幸
山梨県立文学館 県立福祉センター「かえで荘」 僕の老後の楽しみの場所

第74号(2013年6月)
公聴会 やりましただけの猿芝居

~戦争経験者(93歳)の話
戦争は静かにやってくる 誰かのために 自衛のために やむをえず 更に平和のため をつける

味方の顔をした敵 敵のような味方 敵と味方を見分けること

平和の敵は 戦争で儲かる奴だ

どんな理由をつけても憲法を改め 二度と戦争をしては ならない

*植松正幸
デイサービス 楽しくなくては行く気はしないですね

レクレーション 棒体操 ボール遊び 合唱 しりとり 楽しんでます

第75号(2013年9月)
味方の顔をした敵 敵のような味方 敵と味方を見分けること

隣国の日中が仲良くしたときは 両国共栄 不和の時は災いを受けているよ!

エジプトでは非常事態と宣言すると総理大臣などは いつでも首にできるよ!

田んぼのオタマジャクシが蛙になり トンボも飛び 嬉しい日が続くね

富士登山30万人 10年で300万個の石が転げ落ちるよ

*植松正幸
感動する本は 図書館の本棚 施設の本棚の中にあるよね

第76号(2013年11月)
一高名物「強行遠足」参加した者だけが価値がわかるよ

侵略とは軍隊を持って 他国を侵略し 地を奪い 人を殺すこと

人生はゆっくり長生きすることだ あわてず さわがず 面白く

今年も中国を訪れる 人と人との交流から友好がはじまるよ

*植松正幸
作家 私の憧れの職業です
*これで、植松正幸(僕)「一行詩」を脱会しました。

第100号(2018年)
神宮寺敬(共同電設会長 98歳)
昔の大蔵大臣(今の財務相)といえば立派な人が多かった今はだめだね

母校 甲府中学 甲府一高の第138回の同窓会に出席した

私は昭和12年甲府中学の卒業生で98歳になったよ

卒業生 170人中50名近くの戦死者を出した 同級生を思い浮かべながら校歌を歌ったな!

第101号(2018年)
母校 甲府中学 甲府一高の第138回の同窓会に出席した

世界最大のバクチ カジノが日本へなんと上陸する

私もあと2年で100歳!

老兵の願いは平和な世!これですよ!

「一行詩」投稿者からの便り
 私は一行詩の投稿者であり、愛読者です。
 皆様の意見や文章を楽しみながら生きています。戦争体験者の私は「人生は運」だ。百歳まではと、楽しく生きようとしていました。
 ところが最近、娘2人から「おとうさん、人生ポーと生きているんじゃあないよ」と気合をかけられ、どこかで聞いた台詞だが、言われてみれば、もっともの話と考えなおしました。
 読者の皆様、おたがい「ポー」と世の中を見ずに人生がんばりましょう。

第102号(2018年)
老兵の願いは平和な世!これですよ!

10月18日~24日迄 中国の北京訪問「一行詩」 そこで作りますよ!

安倍内閣で大臣は皆 勲章が欲しいからですよね!

103号(2019年)

10月北京訪問の旅 楽しかったな!

なぜ戦争したのか~聖戦であっても 軍事政府に教え込まれたもの!


二度と戦争はしない 平和でお互い仲良し乾杯!

第104号(2019年)
大正9年2月23日生まれ この一行詩が読まれるころは99歳 白寿を迎えています

一番うれしかったことは あの戦争の後 平和であったことです

一行詩が 書き読める時代が続くことを願い 100歳までがんばります

第105号(2019年)
長生きの基=なんでも適当に食べること!

食は医なり また 医は食なり・・・と漢方医学が教えてくれ それを実行したことですよ!

第106号(2019年)
長生きの基=なんでも適当に食べたこと!

一行詩はそれぞれ勝手なことを書いたり 言ったりしていますね

8月15日 日本敗戦!それをなぜ終戦と言うのか?

日本と中国の戦いに私は参加 二度と中国と戦わないことを決心した私!

私のいろんな人生 最大の願いのため 百歳を生きたい!

「一行詩」投稿者からの便り
 白寿となり皆様よりお祝いと励ましの言葉をいただきありがとうございました。
 長生きの基は「何でも適当に食べた」こと。
 「食は医なり」「医は食なり」と漢方医学が」教えれくれ実行したことです。

神宮寺敬(共同電設会長・甲府市下積翠寺町在住 99歳)
(続く)

カテゴリ:エンタメ・ホビー

コメント