趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

杉、ヒノキ花粉‥‥から花粉症。その仕組み

 写真は、N95相当のサージカルマスク五艘。日本で流通している医療用マスクには、サージカルマスク、N95レスピレーター、サージカルN95レスピレーター、KN95があります。

 N95は手に入りにくく、私の会社ですら、少量入るかどうかレベル。仮に入っても病院へ届けなければならず、右から左に無くなります。

 ‥‥ある方から頂きました。ありがとうございましたm(_ _)m

 私の身体は健康体なのですが、花粉をバイ菌だと思い込んでいて、花粉に対して私の白血球出まくり戦争ぶっかけ激しい内乱状態なのです(笑)

 このとき、私の身体の鼻に入った花粉は、まず鼻の粘膜に捉えられ、その中で樹状細胞と花粉がくっつきます。
 樹状細胞は、リンパに辿り着きヘルパーT細胞に花粉の侵入と形状を伝えます。これを抗原提示と言います。多くのヘルパーT細胞が知ることになると、B細胞に伝わり活性化しB細胞はige 免疫ブログリンを血液中に大量に出し、血管を通って鼻の粘膜に戻って粘膜内の肥満細胞に抗体がくっつきます。
 そして、そこへ新たに侵入してきた花粉が抗体だらけの肥満細胞にくっつくと、肥満細胞が活性化してヒスタミンやロイコトリエンを放出し炎症を引き起こす。
 これが即時反応だそうです。
 続いて、IL-5を肥満細胞が出すと、好酸球に伝わり、好酸球が活性化し、同じくロイコトリエンを放出し炎症を引き起こす。これが遅延反応というらしい。

 ‥‥即時反応が数秒から2時間以内であるのに、遅延反応は2時間後からとなると、即時反応時点でどうやって対処するのか?
 病院に行って、何度か検査して数週間してから強烈な注射を打つ(保険効いて自腹が8000円だとか。)か、またはステロイド耐性検査してからの投与か‥‥
(このステロイド投与は、医学学会で反対の声有り)
 いずれも、副作用有り。

 時刻は夕刻だったので、お風呂に入る‥‥  すると、ピタッと全症状がなくなった。これは? ‥‥

 おそらく、身体を温めたこと、そして大きく貢献したのが湯気でしょう。
 またたく間に、鼻孔から湯気を吸い込み、花粉を水分の膜で覆ったのか?

 本来、体温上がれば白血球らは活性化するはずで、なのに症状が消えるって変だ。

 つまりこれは、西洋医学に頼らずとも、人としての自治能力の内、お風呂の湯気が一番だっことを証明したと思うのです。そうは言っても、仕事中ならお風呂も入れないが(笑)
 やかんか土鍋に湯を沸かし、その湯気を吸うのはどうか? 次の治験は今週のどこかで実行します\(^o^)/
 被験者は私自身! (笑)

 そして、写真のKN95マスクも着用して一日過ごしてみますm(_ _)m
 ‥‥続く

カテゴリ:アート・文化

コメント