趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

琴の音に合わせて落花する如く



 花の塵張りつく車夜勤明け  下島千代子

 今生は風のつづきの花の塵  坂本敏子

 花の塵吹き寄せられて紅の縞  アロマ

 ひるがへる僧の衣に花の塵  池田光子

 放流の稚魚と流るる花の塵  中島伊智子

 夕暮の広場をうめて花の塵  設楽唱子

 大仏のわけても肩に花の塵  鷹羽狩行

 掃きこゝちよく乾きたる花の塵  喜多村萬城

 花の塵集めて庭に堆く  アロマ

 水のごと低きに溜る花の塵  竹内弘子

 一絡げなる全集や花の塵  水原春郎

 吹き寄せてピンクの絨毯花の塵 アロマ

 渦潮のごとく舞ひ散る花の塵  久世孝雄

 旋風(つむじかぜ)風の姿に花の塵  アロマ

 花の塵城へとつづく石畳  國保八江

  中空につむじとなれり花の塵  奥太雅

 掃き寄せて確と箒目花の塵  岡野里子

 舟あまた湖面に花の塵あまた  藤井美晴

 雨に散り幹に貼り付く花の塵  小川玉泉

 公園をぐるぐる廻る花の塵  岩下芳子

 いづこよりこのひとひらの花の塵  飛高隆夫

 花びらをワインに浮かべ夕茜  アロマ

 花の塵すき込む鍬の軽きかな  松浦哲夫

 清流の堰にあらがふ花の塵  押田裕見子

 落花浴び千鳥ヶ淵にボート漕ぐ  安陪青人

 緩やかに雨の光に映ゆ落花  山田弘子

 一落花曲の途切れしたまゆらに  林翔

 琴の音に合わせて落花する如く  アロマ

 落花しきりや本堂の畳にも  大畑善昭

 落花の渦一人遊びの子の追へり  黄川田美千穂

 渦を巻く落花は風の形なる  永野秀峰

 落花舞ひ車道ほんのりピンク色  三橋早苗

 一面の落花一ひらづつの色  今井千鶴子

 ぐい呑に落花ひとひら浮かせ侯  泉田秋硯

 高舞ひて今生惜しむ落花かな  大橋敦子

 醍醐寺の風に乗る落花緩やかに  アロマ

 落花舞ふ御所の築地の内外に  石神芳枝

 浴びるとは吉野の落花なればこそ  稲畑廣太郎

 海峡を越えて行きたる落花かな  坊城俊樹

 道に敷く落花舞ひ立ち山車巡る  山陰石楠

 寂光を放ちて今日の落花かな  若生まりあ

 落花をさまれば青空仰ぎけり  田中祥子

 薄紅の落花の描線斜めなり  アロマ

 舞ひ収むごとくひらりと落花地に  宮津昭彦

 手梳きせる白髪に落花二三片  丸井巴水

 朝風を伝へそめたる落花かな  山田弘子

 落花にも序破急のあり薪能  冨田みのる
 
 一閃の日矢一片の落花かな  稲畑汀子

 夕暮れの白き落花に茜差す  アロマ

 地上に咲く如くに落花散り敷けり  大塚初江

 四階に落花舞ひ込む授業かな  丸山敏幸

 通学児落花舞ひくる道急ぐ  清水幸子

 みよし野の落花ただよふ日の別れ  稲岡長

 落花舞ふ舞台に夜のコンサート  嶋木勝次郎

 渦巻いて空駆け昇る落花かな  宮川迪夫

 日射し来しところに落花始まりぬ  稲岡長

 掬ふ手に落花の香り嵐山  塩田京子

 羅漢群さざめく落花急にして  木船史舟

 薄紙につつむ御室の落花かな  田中藤穂

 軽々と雨の落花でありしかな  稲畑汀子

 落花して長閑春の日長けて行く  アロマ

 しきりなる落花が均す道の窪  大井邦子

 どこからの落花といへぬ吉野山  稲畑汀子

 夕空をついと離るる落花かな  長山あや


 
 
 
 
 


 


 


 

カテゴリ:旅行・お出かけ

コメント