趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

連載:(続々々々々々)インドネシア語一日一語

画像シリーズ358「ボリビアのプラスチック廃棄物湖の景観」”Penampakan 'Danau Sampah Plastik' di Bolivia”

Seri-712 (14 Apr 2021)
merdeka.com>Foto>Duniaより (09 Apr 2021)
-------------------------------------------------------------------
 ボリビア中部のオルロ県にあるウルウル湖は、投棄されたボトルや容器などが湖一面に広がり、水よりプラスチックが多いとされるほど環境が悪化しているが、地元のボランティアなどが8日、清掃作業に取り組んだ。というニュース。
 「黄金の玉座に座る乞食」と形容されたように、豊かな天然資源を持つにもかかわらず実際には貧しい状態が続いており、現在もラテンアメリカ貧国の一つである。
 残念ながら個人的には、ボリビアのラパス(実質的には首都)が標高3,600mと世界で最も標高が高い都市、鏡張りで有名な「ウユニ塩湖」がある事、これ以外の事は良く知らない国だ。自然の景観は素晴らしく有名ではあっても、この様な記事を見る限り人々の気持ちは必ずしも綺麗とは言い難いとも思える。
-------------------------------------------------------------------

- Penampakan(外観、景観)
-'Danau(湖)
- Sampah Plastik(プラスチックゴミ)
- permasalahan klasik
- terselesaikan(古典的な問題、典型的な問題)
- Danau Uru-Uru(ウルウル湖)
- didominasi(支配的とされる、大半を占められる)
- botol minum kemasan(飲料ボトル)
- terlihat menggila(異常に見える)
- menggila (menjadi seperti gila)(狂ったようになる、異常になる)
 Penampakan 'Danau Sampah Plastik' di Bolivia. Sampah plastik yang terus meningkat merupakan permasalahan klasik yang belum terselesaikan dengan baik di setiap negara. Salah satu contoh di Danau Uru-Uru, Bolivia. Volume sampah plastik yang didominasi botol minum kemasan terlihat menggila.
(ボリビアの「プラスチック廃棄物湖」の景観。プラスチック廃棄物の増加は、すべての国で適切に解決されていない古典的な問題である。 その一例がボリビアのウルウル湖である。飲料ボトルが大半を占めるプラスチック廃棄物の量は、異常としか見えない。)

- kegiatan pembersihan(清掃活動)
- influencer Prancis Alexis Dessard(フランスのインフルエンサー(情報発信者)、アレクシス・デサード (Alexis Dessard))-
 Orang-orang membersihkan Danau Uru-Uru yang dipenuhi sampah plastik selama kegiatan pembersihan dengan influencer Prancis Alexis Dessard, di Oruro, Bolivia (7/4/2021).
(2021年4月7日、人々は、ボリビア、オルロでフランスのインフルエンサー(情報発信者)、アレクシス・デサード (Alexis Dessard) との清掃活動中に於いて、プラスチック廃棄物で満たされたウルウル湖を清掃する。)

カテゴリ:語学・国際交流・社会貢献

コメント