趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

連載:妄想爺やの春夏秋冬2

食べ放題のバイキングがキツく感じる老い

食欲の秋と言う

しかし、僕は桜の咲く春が、食欲の湧く季節だ

春物、新物の野菜が、その料理が好きでもある

新玉ねぎや、新ごぼうや、山菜のサラダは大好物だ

若い頃は、食べ放題のバイキングでは、沢山食べないと損だと、思いっきり食べた

中華料理のバイキング、握り寿司のバイキング、焼き肉のバイキング、そして和洋の色々な料理のバイキングの食べ放題に行ったものだ

食べ放題にも色々ある

時間制限のあるバイキング、ないバイキング

そして大概、食べ残しはNGのルールがあった

ルールに違反すると、定額料金ではなく食べた料理の実費を支払わなくてはならない

気を付けないと、大幅な追加料金が発生してしまう

あの大食いタレントのギャル曽根には到底及ばないが、還暦を過ぎた昨今には考えられないほど食べたのを記憶している

今では見かけなくなったが、回転寿司とイタリア料理が食べ放題のバイキングがあった

その店は、ほとんどの客が回転寿司ばかりを食べて、お腹が膨らむイタリア料理をほとんど食べていなかったように記憶している

食べ放題のバイキングの店が流行るなか、1年あまりで廃業していた

多分、腹の膨らむイタリア料理で回転寿司を食べる量を減らし、採算を取ろうという店側の意図があったのだろう

見事に、食べ放題マニアには、その手は通用しなかったようだ

ファミリーレストランのドリンクやサラダのバイキングは、今でも利用することはある

しかし、ほどほどしか食べはしない

食べないと損損と思える胃袋の若さはもはやない

以前から、食品の廃棄ロスが問題となっている日本社会

テレビでたびたび流される、難民の子らへの支援を訴えるユニセフの寄付金のお願いの映像

身体だけでなく、顔までが痩けて、目の玉だけが異様に大きく見える子供たち

年老いてきて、自分の胃の老い、食欲の減退を感じるだけでなく、飽食の世に多少、気後れがする僕だ

昨今、食べ放題のバイキングなど行かなくなった

食欲を満たすだけよりも、健康維持の為の栄養バランスに気をつけた、腹八分目の食事を心がけている

カテゴリ:日常・住まい

コメント